U-23ガンバ大阪のマネジメントが難しい件 -鹿児島ユナイテッド戦-




FC琉球戦長野パルセイロ戦と大敗が続いていたので、その敗戦から何を学んだのかを示す一戦という位置付けで観戦した。失敗を教訓にするサイクルを定期的に回せるのはリーグ戦ならではの良さ。実戦でしか学べない事は多く、若さゆえに成長スピードが速いU-23の選手達のプレーを楽しみにしていた。

そして、今回の大勝である。

素直に喜びたいこころだが、手放しでは喜べない理由がある。メンバーが変わりすぎているのだ。岩下、西野のセンターバック。藤本と律の2列目に、2トップは呉屋とパトリック……もはやトップチームだ。勝って当たり前のメンバーであるし、鹿児島には申し訳ない気持ちもある。

このメンバー構成を否定している訳ではない。若い選手にとってトップチームの選手とのプレーは、それはそれで良い経験だとは思うが、少なくとも前述のサイクルは回っていない。今節の勝利を連敗から脱出した成功体験として自信にする事はできないだろう。

また、U-23は競争がないスタメンにも違和感がある。ローテーションで出場を回している部分が少なからず存在するし、その起用法が甘さを生みだしているようにも見える。公式戦である以上、勝利する必要性がある。つまり、常にベストメンバーで戦うべきである。

U-23のマネジメントについての考え方は多様だろう。自分の考え方がベストだとは思っていない。過渡期であるので今シーズンの反省を受けて来シーズンはしっかりとした方針と共に運営される事を期待している。




コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

一日中サッカーのことばかり考えているダメサラリーマン。東京在住の30代男性。衛星放送の会社に勤務しつつ、大学院でスポーツを勉強中。アウェイ遠征時は御朱印をもらってからスタジアムへ。炭水化物抜きダイエットを実施中。好きな食べ物はカレーライス。