超地域密着とグローバル展開 -アミティエスポーツクラブを見学して-

関西を中心に展開している「アミティエ・スポーツクラブ」をご存知だろうか。関西在住のサッカーファンなら名前くらいは聞いたことがある方もいるかもしれない個人的には学生時代の就職活動で入社試験を受けた縁もあるクラブである。現在のアミティエ社長が私が学生時代にスポーツビジネスに関してお世話になっていた方であることもあり、先日、サッカートップチームの試合を見学させてもらいに西京極陸上競技場にお邪魔してきた。

アミティエは関西社会人リーグに所属

身内感が強いスタジアムの光景

アミティエトップチームは現在、関西リーグに所属している。選手はスクールのコーチでもあり、サポーターはスクール生である子供と保護者という下部カテゴリーでよく見かけるアットホームな空気が流れるチームであった。「◯◯コーチ頑張れー!」と子供の声援が聞こえるスタジアムはJリーグとは違う素晴らしいスポーツクラブの在り方だと感じた。Jリーグを目指さない小規模な地域密着のクラブの方が地域のコミュニティ強化の面では果たせる役割は大きいかもしれない。ビッグクラブにはない地域リーグだからこその応援の形がある。

試合後、選手とサポーターで記念撮影

この先、アミティエはどこに向かうのだろうか。意外にもベトナムでの展開が動き始めているとのことだが、地域リーグのクラブがアジアを見据えているのはなんとも面白い。地域スポーツクラブ運営のノウハウ提供だろうか。地域リーグでも世界とつながられるのはサッカーの魅力の1つだ。今後の展開に注目したい。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

基本的にサッカーのことばかり考えているダメサラリーマン。大阪出身の30代男性。ハンドルネームが全く浸透せず「ロスタイムさん」「ロス7さん」などと呼ばれがち。健康のために炭水化物抜きダイエットを実施中。好きな食べ物はカレーライス。