ご挨拶

2018年1月、弊ブログ「ロスタイムは7分です。」をリニューアルしました。

ブログを開設したのは2007年1月。今年で12年目を迎えます。開設当時、大学生だった私も30代中盤に差し掛かろうとする年齢に……。「大好きなガンバ大阪について語る仲間がいない」というネガティブ理由で始めたものは気が付けばライフワークとなりました。

「ガンバ大阪、Jリーグの魅力を伝えたい。ブログを通じて共感や発見を提供することでサポーター活動の充実に貢献したい」

文字にすれば立派な(同時に生意気な)動機ながら、実態としては孤独の捌け口であったブログは多くのものをもたらしてくれました。国内・海外どこのスタジアムに行っても挨拶できるサポーター仲間ができ、奇異の目に晒されていた「自作ゲーフラ」や「ガンバに関する新聞記事のラミネート加工」などは興味をもらってもらえるネタに昇華されたのです。

一人、PCに向き合ってきた時間に意味が生まれた幸せを噛みしめています。それは今こうしてブログを読んで頂けている方をはじめ、ガンバ大阪を通じて出会えた皆様のおかげです。

2005年ガンバリーグ優勝時のスポーツ新聞

コンセプト

リニューアルにあたりコンセプトを設けることにしました。

「supporter’s perspective -サポーターだからこそ-」

「サポーター目線」。これは文章を書く際、常に意識していることです。私達サポーターはプロの記者の方と違い、直接得ることが出来る一次情報は少ないです。ただ、それは見えている世界が狭いということではありません。想像や時には妄想をかきたてることで新奇な着想を生めるはずです。サポーターを続けてきているからこその着眼点を大切にし、奇をてらいすぎず、共感を大切にしながらJリーグの魅力や考察、発見を発信できればと考えています。

また、今後は一人語りだけではなく、サポーター仲間の活動紹介や、サポーター同士の共創コンテンツも視野に入れながら、情報発信を通じて“サポーターという生き方”を肯定したい。1人でも多くの幸せなサポーターライフに貢献したい。Jリーグの魅力は想いを共有できる仲間の数に比例すると思っています。これは私というサポーターの原体験でもあります。サポーターコミュニティの発展こそがJリーグの未来。そのために私は何ができるのか。考えてみようと思います。是非、お力をお貸しください。

最後に。旧ブログで公開していた記事は反響があった一部のみを移転させました。多少の再編集も行っていますので、お時間あれば是非改めてお読みください。

SPECIAL THANKS

最近では有難いことに「ブログ読んでます」と言われることも増え、励みになっています。誰からもコメントがつかないmixiで試合レビューを書いていた頃からは想像できないことです。こうしてブログを続けられるのは読んで頂ける皆様のおかげです。いつもコメントありがとうございます。これからも宜しくお願いします!

 

読んで頂いた全ての方に感謝申し上げます。そして、引き続き宜しくお願い致します。

2018年元旦
※2019年9月追記

「ロスタイムは7分です。」管理人 こ~

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018-2019