愛国心を叫べ!混沌としたスタジアムで -スズキカップ観戦記 ベトナム編-

メディア寄稿実績

抑えられない興奮は、体をキックオフ7時間前にベトナム・ミーディン国立競技場へ向かわせた。しかし、到着後に知らされる衝撃の事実。チケット完売。噂に聞いていた通り、東南アジア王者の称号をかけて戦うサッカー国際大会「スズキカップ」の人気は高いようだ。

ただ、諦める訳にはいかない。YouTubeで何度も見た“熱狂のスタジアム”が目の前にあるのだ。日本人らしく現地人のカモとして、定価の5倍の値段でチケットを購入した。後悔はしていない。この夜、値段以上の感動をその場所で経験したのだから。

愛国心と国の勢いを感じるスタジアム

試合前、スタジアム前にて

スタジアムが放つ熱量は、YouTubeで観た動画以上であった。キックオフ直後からなんてことないプレーに対して、ゴールが決まったかのような大声量がスタジアムに響き渡る。耳をつんざくベトナムコール。観客の「ベトナム国旗Tシャツ」着用率の異常な高さ。どれも強い愛国心を感じるものだ。

スタジアムの一体感からは、国が持つポテンシャルや勢いを感じずにはいられなかった。国名がプリントされたハチマキを頭に巻き、声援を送るサポーターの姿は、高い経済成長率に代表される国の勢いを象徴しているよう。日本にもこんな時代があったのだろうか。もうこんな雰囲気は我が国では経験できないだろう。

試合開催日は街中で国旗が販売されている

ミーディン国立競技場

スタジアムに社会常識は必要か?

発煙筒を焚き、車の上で国旗を振りながら踊り狂う。スタジアムは自分を開放する場所。ある種の“社会の捌け口”として機能しているように感じた。この光景を見たくてベトナムまで行った。なぜか惹かれてしまうのだ。

彼らが同じことをパナソニックスタジアムで行った場合、クラブから出禁が即通知されるだろう。日本のスタジアムはルールが徹底されているからこそ、女性や子供も安心して観戦ができる。Jリーグが世界に誇れる長所だ。日本にとってスタジアムは非日常空間ではない。

車の上で応援しながらスタジアム入りするサポーター

ベトナムは少し違う。スタジアムが社会の倫理から少し外れた場所として、社会の中で機能しているように見えた。そこでは羽目を外すことを一定の範囲で皆が許容している。

試合後、勝利を祝う大合唱は数時間続いた

スタジアムからホテルに戻るタクシーの中で「私のサッカー観戦はいつから行儀正しいものになったのだろう」と考えた。日本では、社会の中でサッカーの存在感が増すにつれ、求められる社会常識のレベルも高くなっている印象を受ける。それは嬉しい反面、自らを苦しめている側面もある。スタジアムでのルールが厳しくなることと比例するように、悪化(増加)するSNSでの誹謗中傷を見ていると、スタジアムの役割とは何なのかを考えたくなった。

ベトナムも今後、日本と同じような変化の道を辿る可能性はある。だからこそ、この日見たミーディン国立競技場での光景を“大切な今”として記憶に残そうと思う。

発煙筒を炊きながら勝利を喜ぶベトナムサポーター

空席の目立つスタジアムで考えたこと -スズキカップ観戦記 タイ編-

2018年12月2日
Digiprove sealCopyright protected by Digiprove
人気記事紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1984年生まれ、大阪府出身。関西学院大学卒業後、スカパーJSAT株式会社入社。コンテンツプロモーションやJリーグオンデマンドアプリの開発・運用等を担当。2020年に筑波大学大学院でスポーツ社会学領域の修士号を取得。現在はスポーツ系出版社のライター&WEBサイト運営。ビジネス関連のテーマを中心に取材・執筆。F1と競馬も好き