愛国心と -スズキカップ観戦記 ベトナム編-

満員のスタジアムが放つ熱狂は感じたいが、チケット完売までは求めていなかった。日本人らしく現地民のカモとして、定価の5倍でチケットを購入。東南アジア王者の称号をかけて戦うサッカー国際大会・スズキカップの一戦「ベトナム-マーレシア」を観てきた。

愛国心

試合前、スタジアム前にて

噂通りであった。

前半立ち上がりの何気ないワンプレーから後半ロスタイムのようなリアクション、気持ちを込めた“ベトナムコール”時の耳をつんざくような声量。観客の“ベトナム国旗Tシャツ”着用率の高さからも感じる愛国心。そして、観客の一体感がもたらす熱量はそのままこの国のポテンシャルだ。

町中での国旗やTシャツの販売店数はもはやインフラレベル

国名がプリントされたハチマキを撒き、声をあげるサポーターはきっとベトナムという国を信じているのだろう。高い経済成長率に代表される国の勢いを象徴しているような応援。日本にもこうした時代があったのだろうか。もう自国では経験できないだろう、未来に期待するドメスティックな雰囲気が羨ましかった。

ミーディン国立競技場

非日常

発煙筒を焚き、車の上で国旗を振りながら愉快な曲に踊り狂う。これがベトナム人の国民性を表しているとは思わない。スタジアムが何かを開放する場所、社会の捌け口として機能しているように見えた。そうした光景を見たくてベトナムまで行った。なぜか惹かれてしまうのだ。

車の上で応援しながらスタジアム入りするサポーター

彼らが同じことをパナソニックスタジアムで行ったら出禁だろう。禁止行動を細かく規定する理由をあげればキリがない。そうしたルールが徹底されているからこそ日本(Jリーグ)のスタジアムは安全で、女性や子供も安心して観戦ができる。分かっている。日本にとってスタジアムは非日常空間ではない。生活の延長線上にある。

しかし、外(社会)の倫理を反映させ過ぎているのではないかとも思う。批判する訳ではないが、村井チェアマンになってからその傾向は顕著に表れている。スタジアム内にいるサポーターがお互いに許容できるのであれば、多少羽目を外してもいいじゃないか。勿論、差別や暴力はダメだ。個人的には何とも思わないが、中指もダメだろう。ただ、たまには発煙筒で勝利を祝うくらいあっていい。厳しいルールで縛った結果、スタジアムが発散の場として機能しなくなると何が起きるか。その欲求は他で晴らすしかなくなるだろう。無秩序と化しているSNSでの選手に対する誹謗中傷や代表戦時における渋谷はある種の前兆のようにも思えてならない。スタジアムはどういう場所なのか考え直したくなった。

勝利を祝う大合唱

いつからサッカー観戦が行儀正しいものになったのだろう。繰り返すが、それを否定する訳ではない。ただ、サッカーの社会での存在感が増すにつれ「サッカー=良いもの」というレッテルが自らを苦しめるコンプレックスになっているような気がしている。

ベトナムサッカーが今後日本と同じような変化をしていく可能性はある。だからこそ、この日ミーディーンスタジアムで見た光景が“大切な今”であることは間違いない。

発煙筒で喜びを爆発させる

Digiprove sealCopyright protected by Digiprove

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

駄文系サポーターブログ管理人。“サポーター目線”をコンセプトにJリーグやガンバ大阪に関する雑記、全国のラーメン食レポなどを執筆。10年間の衛星放送会社勤務を経て、サッカーメディア編集者に転職。筑波大学大学院でスポーツ社会学を研究(修士号取得)。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。ツイッターID:@7additionaltime