「律、サッカー好きか?」 -ジュビロ磐田戦-




「トシ、サッカー好きか?」でお馴染みの掛川での試合後、遅い晩御飯を食べてから深夜4時、東京の自宅に帰宅。車で移動されているサポーターの皆様、改めて安全運転を。

そんな掛川で「幻の左」に立ち会えた。あのワンプレーだけでサッカーファンに与えたインパクトは十分。堂安律のスーパーアシスト炸裂。そして、ゴールを決めたのが清水にルーツを持ち、ジュビロに対する特別な感情を隠さない長沢という点もドラマがある。静岡にはサッカーの神様がいる。

サポーターは自分本位であるべからず

ユース出身の選手に特別な思いを抱くサポーターが一定数いる事は知っている。今節はその気持ちを少し理解できたような気がしている。それはガンバ大阪U-23が今年から設立されて若い選手達の成長過程を見守れる機会が増えたから。サポーターにとって新たな楽しみ方が増えたのだ。

あえて書くが、堂安律の活躍はサプライズではない。U-23でのずば抜けたパフォーマンスを観れば、J1でも出場機会さえあれば活躍する想像はついた。当然の結果が出たという所感。ただ、だからと言って嬉しくない訳ではない。最高だ。彼がなかなかトップチームでチャンスがない中でも意識を高く持って頑張ってきた事を知っているから。

自分本位ではない応援が出来るようななればなるほど楽しくなるのがサポーターライフ。「やったぜ!」だけではなく「良かったね!」の感情が生まれた時、サポーターとしても、人としても一つ成長できる。




コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

一日中サッカーのことばかり考えているダメサラリーマン。東京在住の30代男性。衛星放送の会社に勤務しつつ、大学院でスポーツを勉強中。アウェイ遠征時は御朱印をもらってからスタジアムへ。炭水化物抜きダイエットを実施中。好きな食べ物はカレーライス。