先日フットボリスタで公開された「大学サッカーという選択 Jクラブとの比較から考える育成論」の編集後記。

2019年シーズン、大卒でJリーグ入りした選手は約90名。約75名の高卒選手を上回っている(平成30年度 第67回全日本大学サッカー選手権大会総評より)。ますます存在感を高める大学サッカーの今を捉える上で参考になると思うので、まずは上記の本記事を読んで頂ければ幸い。

今回はその取材所感や、記事内に載せれなかったネタを補足的紹介するエントリ。

小井土正亮(筑波大学蹴球部監督/元ガンバ大阪コーチ)氏の言葉から考えるチームマネジメント

阿部浩之選手の献身

今回の取材における大きなテーマは「人間的成長」。

大学でサッカーをすることで得られるメリットとしてよく語られるこの抽象的な要素。その具体と、本当に大学サッカーでないと手に入れられないものなのかを考察するため小井土監督にインタビューをさせて頂いた。その中で小井土監督がガンバ大阪コーチ時代に印象深い選手として名前を挙げた大卒選手が阿部浩之選手。

曰く「阿部ちゃんは自分を律することができる。チーム全体を見て行動することができる」とのことで、そこには「フォアザチームを指導する監督が多い大学サッカー界の影響もあるのではないか」という見解がある。

プロの世界はレギュラー争いをする選手の不調を祈るような側面もあるのかもしれないが、「大学サッカー部はメンバー外の選手は観客席で太鼓叩いたりして応援するし、そういう関係性が当たり前」という環境で身に付いたメンタリティはあるのかもしれない。

阿部ちゃんの母校である関西学院大学は「マスタリー・フォア・サービス」をスクールモットーにしていて、正にそれを体現している訳だ。日本サッカー界はそうした献身性も評価される環境にあるので「内心は違うかもしれないけど、行動としてはチームが勝つための役割をまっとうできる。スタメンじゃなくても、サブにも入らなくても、純粋に応援して雰囲気作りに貢献できる」のはプロで生きていく上で大きな武器になる可能性がある。

実際、レギュラー争い激しい川崎フロンターレでも状況に応じて自らの役割をしっかり果たしているように見える。フロンターレは大卒選手が多いクラブだが、阿部ちゃんをはじめ、そうした選手達が積み重ねていく伝統は今後クラブにとっての大きな武器になるのかもしれない。

小井土監督

プロを選択するメリットとリスク

一方で小井土監督はプレーヤーとしての成長だけであればJリーグに分があることも認めている。ガンバ大阪にコーチとして在籍していた2013年は内田、大森、西野ら大学生年代の選手達が出場機会を掴んだシーズンだったが、その年を振り返りつつ「(大学とは)刺激が圧倒的に違いますよね。同じピッチに遠藤選手がいて、何万人というお客さんのプレッシャーを感じながらプレーする。必死でやらざるをえない環境が成長を促したんだと思います」と語る。

ただ、U-23に関しては記事内の岩本翔選手のコメントの通りJ3と大学サッカーの方がレベルが変わらないのであれば、存在意義を考えざるを得ない。トップの環境が身近にあり、活躍次第ではルヴァンやJ1の出場機会が積める側面はあれど、トップチームでの活躍をイメージしにくいレベルの選手にとっては、大学で勉強しながらプレーする経験を積んだ方が人生トータルのサッカーキャリアとしては得るものが大きいのではないかとも感じる。

答えはない。人生観も人それぞれ。1人のサッカーファンとして選手にはより良い選択をしてもらいたいだけ。そして、その検討材料として今回の記事が微力ながら貢献できれば嬉しい。

更に知りたい人におススメ記事

大学サッカーという選択 Jクラブとの比較から考える育成論

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ガンバ大阪サポーターブロガー。東京在住30代男性。10年間の衛星放送会社勤務を経て、サッカーメディア会社へ。筑波大学大学院スポーツ社会学修士。週末ダイエットフットボーラー。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。