去り際の美学 -長谷川健太監督のスピーチによせて-

手を振る長谷川監督

今節のメインイベントは長谷川健太監督のシーズン総括スピーチ。事実上の退任挨拶で何を語るのか注目していた。

スケープゴート -“ガンバらしさ”を失った原因-

卒業という名の否定

話された内容は自虐と皮肉含みの謝罪……と、私には聞こえた。三冠やACLベスト4といった良い思い出を語らなかったのはスタジアムの空気を読んだ結果か。文脈的に意味が分かりづらい「これで快く5年間に幕を閉じることができる」発言など、サポーターからのブーイングに対して苛立ち、冷静さを欠いているようにも見えた。「やれよ事件」しかり、サポーターに関しては最後までセンシティブだった印象がある。毎節試合後に繰り返されるサポーターを意識したテンプレコメントとは裏腹に、垣間見れるプライドの高さもあって心の距離は最後まで埋まらないままだった。

去り際には美学がある。そこでこそ人間性が試される。長谷川健太監督は何を語るべきだったのかを試合後からずっと考えている。5年間の長期政権となったクラブに対してもっと語る言葉があったのではないか……最初はそう思っていた。

しかし、長谷川健太監督の立場になれば、未来を一緒に歩めないと宣告された相手に話す言葉などないのかもしれない。山内社長に言わせれば「長谷川健太監督からの卒業」なのだが、「攻撃サッカーへの回帰」を掲げているクラブの姿勢は自身への否定と捉えてもおかしくない。J2に降格したガンバを立て直した自負もあるだろう。批判の矢面に立たされる現状や、フロントへの不満に対して気持ちの整理を付ける難しさは想像できる。

監督業の難しさを痛感する。クラブは夢を売る商売で、夢は未来にある。一方、栄光は常に過去形だ。監督と悲しい別れ方になるのは宿命か。来シーズンからは他クラブを率いるであろう長谷川健太監督が最後に語った言葉「ブーイングを声援に変えて、来シーズン、ガンバ大阪、是非タイトルを奪取して欲しいと思います」がスタジアムに虚しく響いた。

Digiprove sealCopyright protected by Digiprove

ABOUTこの記事をかいた人

駄文系サポーターブログ管理人。“サポーター目線”をコンセプトにJリーグやガンバ大阪に関する雑記、全国のラーメン食レポなどを執筆。10年間の衛星放送会社勤務を経て、サッカーメディア編集者に転職。筑波大学大学院でスポーツ社会学を研究(修士号取得)。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。ツイッターID:@7additionaltime