オーバーエイジ補強論

今シーズン最後の万博開催であるガンバ大阪U-23対ガイナーレ鳥取の試合を観戦した。イージーミス×2で敗戦。若者らしい負け方だった。シーズン後半でこの内容はきつい。批判されるべき試合だ。ただ、観客席まで聞こえる大声で怒鳴り続けていた鳥取・柱谷監督の姿を観て自分を律している。違うアプローチを考えたい。

オーバーエイジの補強

選手達の成長は感じている。若者は成長が早いから応援しがいがある。きっと實好監督が地道に選手達に向き合った成果だろう。明るく前向きなあのキャラクターは若者の指導者にぴったりだ。褒めて伸ばす。

オーバーエイジの選手の役割も重要だ。今節、小椋祥平選手のプレーは格が違った。どのようなオーバーエイジと一緒にプレーさせるかは選手達の成長に直結するだろう。高いレベルを維持していて、若手が聞く耳を持つレベルの実績があって、若手の成長も考えてくれる選手が理想。例えば、長野からハッシーを呼び戻せる事ができれば最高だ。伝える言葉も持っている。

ここ数週間、トップチームの補強話が盛んだが、U-23においてオーバーエイジの補強という考えがあっても面白い。クラブOBであれば更に素晴らしい。U-23に新しい価値を見出せるし、集客にもつながる。過去の貢献度が高いベテラン選手の処遇はどのクラブも課題だが、その解となる可能性もあるのではないか。

最後に。オーバーエイジとしてプレーしてくれてた小椋選手には感謝の気持ちしかないし、J3でのパフォーマンスが来シーズン以降のキャリアに好影響を与える事を祈っている。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

基本的にサッカーのことばかり考えているダメサラリーマン。大阪出身の30代男性。ハンドルネームが全く浸透せず「ロスタイムさん」「ロス7さん」などと呼ばれがち。健康のために炭水化物抜きダイエットを実施中。好きな食べ物はカレーライス。