雲外蒼天 -2014年シーズン優勝総括-

これがJリーグを優勝するということだろうか。徳島に向かう往路の羽田空港では「こちらは何でしょうか?」と怪訝な顔で質問されたゲーフラが、復路の福岡空港では「優勝おめでとうございます」に変わった。

2005年と同じく「勝てば優勝」を信じて乗り込んだ徳島で、「引き分けで優勝」という結末が待っていたとは。試合終了間際、ピッチ上の選手達が攻撃をせずにパスを回し始めた時は何が起きているか分からなかった。結果オーライである。試合内容的には低調なものだった。プレッシャーもあったのだろう。後半の早い時間帯からパワープレーを始めたのは2012年にJ2降格が決まった最終節ジュビロ戦と同じ。平常心でプレーできないことは明らかだった。それでも優勝した。こんな決まり方はどこかガンバらしくもある。結果は結果。過程はどうあれ、優勝した価値は変わらない。

「雲外蒼天」

J2降格シーズンから掲げはじめたゲーフラに記載されてる四文字熟語である。このゲーフラも今日でお役御免だ。

Digiprove sealCopyright protected by Digiprove
メディア寄稿実績
DAZN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

駄文系サッカーブログ「ロスタイムは7分です。」を運営。“サポーター目線”をコンセプトにガンバ大阪やJリーグ、アウェイ遠征先で食べたグルメ(主にラーメン)に関する雑記を配信。関西学院大学社会学部卒業後、スカパー!に10年在籍。筑波大学大学院(スポーツ社会学)を経て、フットボリスタ所属のライター&編集者として活動。他媒体への寄稿も行っている