ガンバサポーターが選ぶ!2019シーズンマイベスト

昨シーズンに引き続きガンバサポーターが自らのアウトプットを振り返る企画の第2弾。サポーターにSNS上での情報発信を促す「#ガンバ写真部」が今シーズンからMDPに採用されることが発表されるなど、サポーターによる情報発信の重要度は増すばかり。クラブも昨シーズン末の記事でサポーターとの共創を重要視していることを公式に認めています。所謂「ファンベース」という言葉で語れることの多い既存の企業と顧客の関係性からの進化(変化)の波がガンバ大阪にも本格的に到達しつつあるのかもしれません。

そこで今年も「写真」「ブログ」の2ジャンルにおいて、2019年に反響のあったサポーター発のオリジナル作品を作成者本人が紹介する「2019シーズンマイベスト3」企画を実施。この記事がサポーターによるアウトプット欲の促進に少しでも貢献できれば幸い。そして、数年後には「ガンバ大阪サポーターアウトプットサミット」をパナスタで開催する……これが私の夢。

※2018シーズン版はこちら

登場人物紹介

昨年に引き続き「写真部門」おとがみさん。私が学生時代だった頃から十数年の付き合いがあり、弊ブログ写真の多くは「©おとがみ」。SNSを中心とした作品発表が好評で、氏に写真撮影のコツを教えてもらっているサポーターも多いのだとか。

そして、「ブログ部門」は私。大学生の頃に開始したブログ歴は今シーズンで14年目に突入。ここまで続けてこれたのは、読んで頂いた方からの感想や出会いのおかげ。これからも試行錯誤を繰り返し、変化と共に継続できれば。ここ2年は大学院通学や転職で激減してきたブログ記事の数を今年は少し回復させる予定。どうぞ宜しくお願いします。

おとがみが選ぶ 《フォト》マイベスト3

フォト
第3位「J1第28節 コンサドーレ札幌戦」
おとがみ
金Jで名古屋戦以来、久々のゴール決めた宇佐美選手。このゴールから終盤戦は少しずつ本来の頼れるエースになりました。
こ~
大量得点で勝った試合ですね。ゴール裏はお祭り騒ぎだったことを覚えています。今年はキャンプから好調なので得点王に期待です。
フォト
第2位「J1第1節 横浜F・マリノス戦」
おとがみ
2019年の記念すべきガンバ開幕ゴールは小野瀬!2020年は仲良し弦太も残留して小野瀬とともにガンバにタイトルを。
こ~
今シーズンオフの主役でもある2人。この2人が同じチームでプレーする残り時間は限られているのかなとも思うので2020年はタイトルにチャレンジすべき一年ですね。
フォト
第1位「J1第12節 セレッソ大阪戦」
おとがみ
倉田秋のダービーゴール!この試合までチーム状態が最悪だった事、抜擢された髙尾くんと髙江くんが秋に繋いだゴールだった事、相手がお隣さんだった事も含めて最高の瞬間でした。
こ~
2019シーズンはこれでしょうね。キャプテンマークは巻いていないながら、リーダーとしてチームを引っ張る秋の頼もしさはガンバサポーターの誰しもが評価しているはずです。漢ですね。

こ~が選ぶ 《ブログ》マイベスト3

ブログ
第3位「1失点完封の罠 -なぜガンバはこんなにも自分みたいなのか-」

1失点完封の罠 -なぜガンバはこんなにも自分みたいなのか-

こ~
我ながらメンヘラ感あるな(笑)。サポーターブログってエモい内容が読まれる傾向があるんです。そこは意識している中でここ2年くらいは「自分とガンバを重ねる」書き方が自分の中で流行ってて、その代表作ですね。
おとがみ
中々勝ちきれなかったこの頃のガンバの弱さと自分自身の弱い面をリンクする辺りが、こーさんらしいなと思ったし、なるほどと考えさせられました。自分もこの記事に同感する事は多々あり、大好きなガンバ大阪と一緒に自分自身も成長出来たらいいなと思います。
ブログ
第2位「ノーサイドなきスタジアムで」

ノーサイドなきスタジアムで

こ~
2019年“負”のハイライトである田中達也選手の移籍。彼の移籍に関してあまりにもサポーターの見解が批判に偏っているきらいを感じたので書いた記事です。私は社会学を好きで勉強しているのですが、この学問の好きなところは多角的に物事を捉えようとする姿勢。その姿勢はサッカーにおいても持ち続けたいと考えていて、それが少し出ている記事だと思います。
おとがみ
タナタツの移籍については、突然の事もあり、最初は自分も感情的になってイライラしましたが、たしかに若手にとってはチャンスが増えたし、ポジション争いした小野瀬が凄い男だと再認識したし、お互いの考え方が違ったから仕方ないかなと冷静に考える事も大事だなと考えさせられた記事です。
ブログ
第1位「福田湧矢、不遇を越えて -大阪ダービー2019-」

福田湧矢、不遇を越えて -大阪ダービー2019-

こ~
2019シーズン最大の発見は福田。完全なレギュラーとはいえない存在ながらここまで心揺さぶられる選手は稀ですよ。プロの世界でやっていけるのか心配になる人の好さ全開のキャラクターをベースに、元々ガンバ大阪が好きだったことや、2018シーズンの開幕スタメン→U-23での不遇の時期というバックボーンも福田に惹かれる要素の1つ。彼のプレーを見ているとなぜか涙が出てくるんですよね(笑)。ちなみに2020年のユニホームは14番にしました。今シーズンは覚醒の年になると思います。
おとがみ
この記事が去年個人的に一番好きだった記憶。ダービーの勝利に福田君の活躍をフォーカスした時点で…こーさん、さすがです(笑)。ガンバに入りたいという夢を叶えた福田君がダービーでチームのために戦ってる姿には本当感動しました。自分も2020年のユニフォームは彼にします。
ブログ
番外編「儚さの理由 -2019ルヴァンカップ決勝観戦記-」

儚さの理由 -2019ルヴァンカップ決勝観戦記-

こ~
ガンバネタではないのですが、2019シーズンで一番読まれた記事はルヴァンカップ決勝について書いたこれ。正直、昨シーズン一番感動した試合かもしれません。記事のテーマは「偶然性」。サッカーというゲームは必然性だけでは構成されておらず、コントロールできない儚さとどのように向き合っていくべきなのかを考えざるをえない凄い試合でした。

おわりに

いかがでしたでしょうか。“サポーターだからこそ”の視点やアウトプットがガンバ大阪を、Jリーグをより魅力的にすると信じています。情報過多の時代において仲間の口コミこそがファンを増やす最も効果があるアプローチであり、ガンバ大阪においてもプロモーションの主体はもはやサポーターにあると言っても過言ではないと考えます。

いよいよ2020シーズンも開幕。今年も撮りたくなる、書きたくなるシーンにたくさん出会えることに期待です。今シーズンも宜しくお願いします。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ガンバ大阪サポーターブロガー。東京在住30代男性。10年間の衛星放送会社勤務を経て、サッカーメディア会社へ。筑波大学大学院スポーツ社会学修士。週末ダイエットフットボーラー。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。