「今日のJリーグを無料で観れるサイトを教えて下さい」

ツイッター上で頻繁に見かける一文である。無料で観れるサイト=違法サイトであるという認識はないのだろうか?そして、その違法視聴が貴方の愛するJリーグを苦しめているという自覚は?

違法視聴がJリーグを潰す理由

違法視聴がなぜJリーグを苦しめるのか?それは「Jリーグにお金が入らなくなるから」である。

Jリーグにとっての大きな収入源の1つが「放送権料」。そして、その放送権料を払っている会社はJリーグをTV番組として有料で販売している。もしくは、無料で放送して多くの人に視聴してもらう事を前提にTVCMを流す権利を販売している。つまり、違法視聴がJリーグを苦しめる流れはこうだ。

  1. 違法視聴する人が増える
  2. Jリーグを放送している会社にお金が入らなくなる(加入者が増えない/TVCMを流す権利が売れない=視聴率が上がらない)
  3. Jリーグの放送権料を払えなくなる
  4. Jリーグの収入が減る

Jリーグの収入が減ればどうなるのか。当然、各クラブへの配分金は減り、選手の給料は今以上に少なくなるだろう。そうなれば才能ある選手の海外流出は止められない。大物外国人選手も獲得できない。放送権料が減った分をチケット代値上げでカバーするという考えになるかもしれない。J2~J3クラブの収入を考えれば、クラブの存続に直接的に影響してくる可能性すらある。

違法視聴をしているサポーターほど「Jリーグの放送権安すぎ」などと呟いているのだからたちが悪い。違法視聴がJリーグのコンテンツ価値を下げている自覚を持つべきだ。サポーター間では「チケット転売問題」に対しての問題意識は相当高いようだが、正しくお金がJリーグ(クラブ)に回らないという点において違法視聴の方がより深刻な問題だと思っている。




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1日中サッカーのことばかり考えているダメ社会人。ガンバ大阪サポーター。東京在住の30代男性。10年間の衛星放送会社勤務を経て、スポーツを勉強するために大学院に入学。炭水化物抜きダイエットを実施中。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。