屠所の羊 -アウェイ2連戦を終えて-




「今が正念場!こんな時だからこそスタジアムに行かなければ!選手達の勇気になりたい!」

日曜ナイター、アウェイもなんのその。逆境に燃えてこそのサポーター。意気揚々と仙台・鳥栖と2週連続のアウェイ遠征を敢行した。しかしながら、結果的は選手達の勇気になる前に自分の心が折れる事態に。今はむしろ失意の私を応援して欲しい。

特に残留争いの直接対決となった鳥栖戦のダメージは大きい。0-3とされた後は声を出して応援することもままならない精神状態だった。それは怒りなのか、それとも諦めだったのかは未だに整理がついていない。

逆転の見込みがほぼない終盤に弦太を前線にあげるパワープレーを仕掛けたら鳥栖のカウンターに晒され、弦太のカバーとして最終ラインには体を張れないヤットがいる。4失点目は時間の問題……あれはやけくそだったのだろうか。地獄のような時間だった。早く試合終了の笛を鳴らして欲しかった。

フェルナンドトーレスのゴールでベアスタは大盛り上がり

タイミング

先日、大学の同窓会に出席した際に同級生の女子(現・30代女性)が「あの時(大学時代)に告白されてたら付きあったんだけどな」といった趣旨の発言した。これは今告白されてもノーチャンスであることも意味していた。

つまり、何事にもタイミングがあるということ。チャンスの神様は待ってくれない。鳥栖戦のガンバからは監督交代という劇薬の効果が切れたように見えた。宮本監督就任直後の鹿島戦、名古屋戦、磐田戦、札幌戦……勝てるタイミングで勝たないとチームは死ぬのだ。チームとしての共通理解が浸透してきてもいい時期の試合で就任期間と反比例するかのような無策な戦いを見せられて、覚悟をしなければならないことを痛感させられた。カリスマの求心力も永遠には続かない。

「諦めるのは簡単」

「諦めたらそこで試合終了」

こういうチーム状態の時は叱咤激励のつもりなのか、消化不良になりそうな正論がインターネット上に並ぶ。しかし、あの試合を見せられた上で現状を総括する適当な言葉は“絶望”だろう。次点は僅差で“失望”だ。

多くのサポーターが「今のチームはJ2に落ちたら再浮上できない」と話す。冷静にチーム力を分析する一方で、それは自身の気持ちが切れてしまうかもしれないという不安の裏返しの様にも聞こえる。2度目のJ2降格がリアリティを持ちつつある中で我々もかなり追い詰められている。

だからこそ、私もあえて書こう。今必要なのは浪花節なのかもしれない。サポーターにできることはこれしかないのだ。信じよう。そして、応援しよう。

そう、俺達の町田ゼルビアを。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1日中サッカーのことばかり考えているダメ社会人。ガンバ大阪サポーター。東京在住の30代男性。10年間の衛星放送会社勤務を経て、スポーツを勉強するために大学院に入学。炭水化物抜きダイエットを実施中。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。