初めて五島聡さんの作品を見た時のことは今も覚えている。サッカー選手が描かれていたその絵は今まで絵を評価する上で使っていた言葉では表せない“熱量”を持っていた。まるで命が吹き込まれているような……何かを訴えてくるような圧倒的な存在感。一見しただけで高価なものだろうと分かった。一枚描くのにかなりの時間と労力がかかっていることが安易に想像できたからだ。ただ、欲しかった。絵を欲しいと思ったのは初めてのことだった。

サッカーショップKAMOに展示されていたその絵には作者の名前はなかったと記憶している。それゆえ「サッカー イラスト パワフル」「Jリーグ 絵 画力」など関連しそうなワードで検索に検索を重ねて辿り着いた「五島聡」。そこからは本人のツイッターをフォローし、HPも定期的にチェックして購入できる機会を待った。ただ、数年間待っても販売の気配はなく「法人用なのかな?」「特別なルートがあるのかな?」とくじけそうになった時もあった。私が多少サッカー関連の仕事をしていたこともあり、大人のルートを探ってみようと画策した時もあった。あまり親しくない電通の友人に電話をしてみようかとも思った。そして、訪れた運命の日。

まさかの格安叩き売り!!数万円……いや、もっとする可能性もあると思っていたものが数千円で手に入るなんて。今まで待ち続けた数年間が報われる時がきた。いざ、展示会(発売会)が開催されている目黒へ。

ずっと大好きだった絵が大量に並んでいるのは壮観だった。一枚一枚の絵に込められた物語を思い出したり、背景にあるものを想像したりしながら見る時間はすごく幸せな気持ちにさせてくれた。こういう芸術がサッカー文化をさらに豊かにするのだろう。値段も安いので全部欲しいとすら思ったが、絵と過ごす幸せは多くのサッカーファンとシェアすべきだろうと自粛し、ガンバ関連の絵だけを物色。絵が好きそうなJリーグサポーター仲間にも連絡をした。そして、購入したのが我らがレジェンド・遠藤保仁が描かれた2枚。

拍手するヤットの絵

ワールドカップでFKを決めた時の絵

五島さんご本人から「ガンバサポーターですか?残ってて良かったですね」と声を掛けられて購入した2枚の絵は慎重に家まで運んで早速部屋に飾ってある。きっと一生大切にするだろう。何時間でも見ていられる。絵の力はすごい。動かないし、音も発しない。しかし、だからこそ刺激される感情が確かにある。好きなものに囲まれて生活する幸せ。この絵で部屋が満たされたように自分の人生も好きな人や、好きな仕事に囲まれたい……そんなことを想った。

この絵に励まされながら、明日からまた頑張ろう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018




1 個のコメント

  • ガンバサポーターの者です。
    青い油彩画の遠藤さんの作品は、Jリーグサッカーキングに掲載されていたものですね。これが原本でしょうか?
    小さな雑誌の写真でも迫力があって印象に残っていました。ご購入羨ましい…。

  • コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    1日中サッカーのことばかり考えているダメ社会人。ガンバ大阪サポーター。東京在住の30代男性。10年間の衛星放送会社勤務を経て、スポーツを勉強するために大学院に入学。炭水化物抜きダイエットを実施中。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。