「伽哩本舗 門司港レトロ店」(ミクニワールドスタジアム北九州)




北九州のご当地グルメ「焼きカレー」は門司港が発祥の地だといわれている。港町という土地柄、外国船の乗組員などの影響で洋食文化が広まったのだそうだ。「秘密のケンミンSHOW」で紹介されたことで知名度も高まった。町ぐるみでPRに力を入れており、門司港エリアにおける焼きカレー屋の地図も無料配布されていた。そんな焼きカレー屋が乱立する門司港でも高い評価を得ているのが今回紹介するお店。

お店紹介

伽哩本舗 門司港レトロ店

店名:伽哩本舗 門司港レトロ店

住所:北九州市門司区港町9-2阿波屋ビル2F

営業時間:11:00~20:30

HPはこちら

立地はJR門司港駅から徒歩数分。焼きカレーの人気店が密集するエリアゆえ、お客さんは分散。ランチタイムでもさほど待たずに入店できた。メニューはかなり豊富なので皆でシェアする食べ方も楽しい。また、HPに書かれている焼きカレーに対するこだわりの強さは若干引く。

食べるべき一品:「チーズたっぷりカレー」(850円)

チーズたっぷりカレー

ベースは欧風カレー。お店曰く「丹念に炒め上げたブラウンルーと自家製ブイヨンを合わせた深みのある味」。名前の通り焼いているので通常のカレーより熱々で少しの香ばしさが特徴。ちなみに器も熱いので食べる際は注意が必要。牡蠣やシーフード系のメニューもあるのだが、カレーとの相性の良さを考えればチーズが最強。カレー、卵、チーズ、この3つが混ざり合った味はもはや反則。現在はとろけるチーズを使用しているが、昔はプロセスチーズを使っていたのだそう。プロセスチーズの味は「昔ながらの焼きカレー」で味わうことができる。

おススメ度:6.5点/10点満点

全国のカレーフェスで優勝経験もあるという門司港の焼きカレーは伊達じゃなかった。他の地域であまり聞かない「焼きカレー」という食べ物の希少性や、前述したこの料理が門司港の名物になった必然性もポイントが高い。また、門司港は超観光地でもあるので、焼きカレーを食べたあとは散策も楽しめる。

ごちそうさまでした。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018




コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

一日中サッカーのことばかり考えているダメサラリーマン。東京在住の30代男性。衛星放送の会社に勤務しつつ、大学院でスポーツを勉強中。アウェイ遠征時は御朱印をもらってからスタジアムへ。炭水化物抜きダイエットを実施中。好きな食べ物はカレーライス。