「博多もつ鍋 おおやま 本店」(レベルファイブスタジアム)

「ナベ アンド ピース」

お店のHPに掲載されている一文である。福岡アウェイ遠征時の心情をよく表している秀逸なコピーだと思った。福岡(鳥栖も)での応援後は必ずもつ鍋を食べる。試合に勝っても、負けても「さあ、次はもつ鍋だ!」と前向きな気持ちの切り替えを可能にしてくれる最高のアウェイ飯だ。

お店紹介

博多もつ鍋 おおやま

店名:博多もつ鍋 おおやま 本店

住所:福岡市博多区店屋町7-28

営業時間:17:00~24:00(L.O.23:30)

HPはこちら

数ある福岡もつ鍋屋の超定番。本店は呉服町駅から徒歩数分のところにある。雰囲気のある外観が食への意欲を高めてくれる。内装も個室中心。周りの目を気にせずに食事と会話を楽しめるのが嬉しい。23時半ラストオーダーなので、19時キックオフの試合後でも十分に間に合う。もつ鍋以外のメニューでは「牛すもつ」「馬刺し」がおススメ。

食べるべき一品:「もつ鍋 みそ」(1,380円)

もつ鍋(みそ)

店員さん曰く「9割のお客さんが注文する」一品。東京でもつ鍋を食べる際はしょうゆ味も多いが、基本的にはみそ味がおススメとのこと。九州味噌と西京味噌など、数種類がブレンドされ、おおやま特製のタレを加えた味は一口でその濃厚さと奥深さが分かる。スープだけで白米2杯いける。

肝心のもつは“ぷりっぷり”食感の脂が口の中でスープと混ざり合う。こんな旨味の共演は他では味わえない。最後はちゃんぽんで〆てお腹いっぱい。

おススメ度:7点/10点満点

ボリューム的にも大満足。1人前1,380円は追加オーダーをしたとしてもコスパ最強。日曜・深夜営業、個室、アビスパ福岡のスポンサーと、サポーター的には神のような店。食後の充実感は試合観戦後にも匹敵する。ここのもつ鍋を食べずして、福岡アウェイ遠征は語れない。

ごちそうさまでした。

Digiprove sealCopyright protected by Digiprove

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

駄文系サポーターブログ管理人。“サポーター目線”がコンセプト。Jリーグやガンバ大阪に関する雑記、ラーメンを中心とした全国のグルメ紹介記事などを執筆。10年間の衛星放送会社勤務を経て、サッカーメディア編集者に転身。筑波大学大学院でスポーツ社会学を研究(修士号取得)。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。ツイッターID:@7additionaltime