「匠 (Jang)」(ニッパツ三ツ沢球技場)

グルメ激戦区の横浜駅。中華部門のファーストチョイスとなっているお店。Jリーグはもちろん、高校サッカー選手権等でも訪問機会の多いニッパツ三ツ沢球技場で、観戦後の冷え切った体を中から温めてくれるメニューが充実している。

「吉村家」(ニッパツ三ツ沢球技場)

2018年5月8日

お店紹介

匠 外観

店名:匠 (Jang)

住所:神奈川県横浜市西区高島2-16 横浜ポルタ B1F

営業時間:11:00~23:00(L.O.22:00)

HPはこちら

JR横浜駅から徒歩数分の商業施設「横浜ポルタ」内にある人気中華料理屋さん。「匠」と書いて“じゃん”と読む。担担麺と麻婆豆腐が二枚看板。麻辣料理が美味しい。店内はテーブル席とカウンター席があり、1人でも入りやすい。回転も早い。

食べるべき一品:「麻婆豆腐定食」(800円)

麻婆豆腐定食

山椒と餡の匙加減が抜群の一品。ボリュームもある(追加料金で大盛も可)。ここの麻婆豆腐はコクがあるので、白米との相性が最高。秘訣は辣油にあるらしく、韓国産の赤唐辛子と、中国産唐辛子の朝天椒を絶妙な割合でミックスすることでこの味を実現しているのだとか。無料の白米おかわりは注文不可避。スープ、搾菜も一緒に楽しめるのはセットメニューの醍醐味でもある。

辛いので大量発汗には注意が必要。さらなる辛さを求める人には“麻辣”麻婆豆腐がおススメ。ラーメン好きには胡麻をすりつぶして作る調味料「芝麻醤」を使った担担麺も美味しい。

まとめ

場所は料金(コスパ)、複数人で一緒に食事ができるテーブル席がある内装など使い勝手が良い。実は中華料理屋の定番デザート「特製杏仁豆腐」も美味しいので、お楽しみに。

ごちそうさまでした。

Digiprove sealCopyright protected by Digiprove
メディア寄稿実績
DAZN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

駄文系サッカーブログ「ロスタイムは7分です。」を運営。“サポーター目線”をコンセプトにガンバ大阪やJリーグ、アウェイ遠征先で食べたグルメ(主にラーメン)に関する雑記を配信。関西学院大学社会学部卒業後、スカパー!に10年在籍。筑波大学大学院(スポーツ社会学)を経て、フットボリスタ所属のライター&編集者として活動。他媒体への寄稿も行っている