「一蘭 天神西通り店」「一蘭の森」(レベルファイブスタジアム)

日本全国はおろか海外進出まで果たし、どこでも食べられるラーメンとなった「一蘭」。もはや福岡のご当地グルメではない……と思いきや、天神西通り店限定メニューがあるという情報が。また、人気観光地である糸島市には「一蘭の森」なる生産工場・博物館も存在する。ラーメンを食べて、見て、学べる。豚骨ラーメンの聖地だからこその楽しみを求めて福岡に飛んだ。

お店紹介

一蘭 天神西通り店

店名:一蘭 天神西通り店

住所:福岡県福岡市中央区大名2-1-57

営業時間:10:00-翌7:00

HPはこちら

福岡の繁華街・天神駅から徒歩数分。チェーン店らしく主要な通りの突き当りという分かりやすい場所にある。どの時間帯に行っても外国人観光客を中心とした行列がある人気ぶり。しかし、内装がご存じ“味集中カウンター”のため回転は早い。メニューの英語表記の他、お土産も充実。完全に観光地である。

食べるべき一品:「窯だれとんこつラーメン」(890円)

窯だれとんこつラーメン

同店舗限定のラーメン。陶器でできた重箱が高級感を感じさせる。「窯だれ」とは焼豚を煮込んだ煮汁で、これをスープに使用している点がオリジナリティ。普通の一蘭ラーメンより甘さとコクが増加して、マイルドな口当たりに。辛さを求める場合はオーダー用紙で「秘伝のたれ」の量を増やすことで味調整も可能。麺は通常と同じ特製生麺を使用。天候や気温、湿度を考慮しながら毎日違う配合で製麺している。

見学すべき工場:「一蘭の森」

店名:一蘭の森

住所:福岡県糸島市志摩松隈256-10

営業時間:10:00~21:00

HPはこちら

福岡県の糸島市で一蘭の麺やスープは製造されている。その製造過程の一部がここで見学可能。ちなみに「秘伝のたれ」「出汁」など、肝となるレシピは一蘭の社員でも4人しか知らないそう。併設されている博物館では一蘭の歴史や経営哲学が展示されている。金沢の「ゴーゴーカレー」などにも共通するが、人気飲食チェーン店には若干の宗教感を感じさせる。癖が強い。企業が持つ哲学が信者と呼べる熱狂的なファンを生み出すのだろう。もちろん、見学した後にはラーメンを食べることもできる。一蘭の森限定の味が週替わりで提供されている。

糸島は博多から車で30分程度で大自然を感じさせるエリア。海沿いにお洒落なカフェも数多く建ち並び、町全体がインスタスポットのよう。ラーメン以外の楽しみも満載。

おススメ度:6点/10点満点

オリジナルメニューの「窯だれとんこつラーメン」は美味しいが、オリジナルよりも美味いとは断言できないのが及第点に留めた理由。「一蘭の森」は接客スタッフの少なさや、施設の狭さに少しは物足りなさも感じた。

ごちそうさまでした。

Digiprove sealCopyright protected by Digiprove

ABOUTこの記事をかいた人

駄文系サポーターブログ管理人。“サポーター目線”をコンセプトにJリーグやガンバ大阪に関する雑記、全国のラーメン食レポなどを執筆。10年間の衛星放送会社勤務を経て、サッカーメディア編集者に転職。筑波大学大学院でスポーツ社会学を研究(修士号取得)。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。ツイッターID:@7additionaltime