「麺処ほん田」(味の素フィールド西が丘)

10年前の2008年にオープンし、同年のラーメン関係の新人賞を総なめしたことで知名度をあげた超有名店。オープン当初、店長・本田裕樹氏の21歳という若さも話題になった。そこから10年。高い人気を継続し続け、「百名店」など各種ラーメン系表彰の常連でもある。

お店紹介

ほん田 外観

店名:麺処ほん田

住所:東京都北区東十条1-22-6

営業時間:[月・木]11:30~16:00 [火・金・土・日]11:30~15:00 18:30~22:00

HPはこちら

味の素フィールド西が丘のJR最寄り駅である「十条駅」の隣、「東十条駅」から徒歩5分程度。住宅街にある。東京駅八重洲口に直結した「ラーメンストリート」内にも以前出店していたので、名前を知っている方も多いかもしれない。店は常に行列だが、店内はカウンターのみで回転は早め。店長はフレンドリーで感じのいい接客。有名店にありがちな殺伐として空気はなく、リラックスしてラーメンを楽しめる。麺の量は5段階あるが、中盛以上はかなり量が多いので注意が必要。

食べるべき一品①:「ちゃーしゅーつけ麺」(1080円)

ちゃーしゅーつけ麺

バランスが完璧な逸品。「麺がスープによく絡む」という表現はよく聞くが、そのレベルを越えて「麺とスープが一体化」しており、麺とスープがお互いにいいところを引き出しあっている。チャーシューに関しても同様で、特にローストされたチャーシューはつけ汁に漬けることでジューシーさが格段にパワーアップする。豚骨魚介のつけ汁はそれだけでも楽しめる絶秒な濃厚さで「魚介風味」と「ゆず風味」から選択する。麺を大盛にすると一回おかわりが可能。

食べるべき一品②:「ちゃーしゅー麺」(1080円)

ちゃーしゅー麺

つけ麺と同じ「濃厚豚骨魚介」のラーメン版。寒い季節にはぴったり。スープをより楽しみたい人はこちら。大盛を頼むと驚くほど大きな器に入って提供される。多少とろみがあるスープは辛子味噌を絡めると、つけ麺とは違ったスープの旨さが引き立てられてる。

今回は“こってり系”のメニューを推薦したが、全メニューがハイレベルに美味い。“あっさり系”では醤油や塩、麺種も太ちぢれ麺、細ストレート麺を選べるなど何回も訪問したくなるほどメニューが豊富であることも特徴。

おススメ度:9.5点/10点満点

東京最強ラーメン。自信をもっておススメしたい。味の素フィールドから徒歩だと少し距離があるが、ラーメン好きサポーターは一度は行きたい店。近所に有料パーキングがいくつかあり、車でも安心。

追記:お店がリニューアル

2020年4月にお店が秋葉原に移転。しかし、東十条の店舗は二郎系のお店として名前はそのままに存続(リニューアル)。元々ほん田で働かれていた方が店員さんが残り営業されているので、味は保証付き。二郎系の良さは残しつつも、「ほん田」だからこそ出せる繊細さも感じさせるハイブリッド二郎系ラーメン。老若男女におススメできる二郎系がここに誕生。

らーめん(小)

ボリューム感あるチャーシュー

メニューは2020年5月時点で、「二郎系ラーメン」に加えて「二郎系つけ麺」と「辛いまぜそば」の3種類が中心。つけ麺はつけめん専用に追いガラして仕上げた濃厚スープで、二郎系の良さをつけ麺でも実現。各種メニュー、チーズや豚マシ、アブラなどのトッピングで色んな味の違いを楽しめる。

つけ麺

辛いまぜぞば(チームトッピング)

2021年からの新メニュー

2021年からの新メニュー「汁なし」

時々限定メニューが発売される(写真は「豚100%豚骨ラーメン」)

ごちそうさまでした!

Digiprove sealCopyright protected by Digiprove

ABOUTこの記事をかいた人

駄文系サポーターブログ管理人。“サポーター目線”をコンセプトにJリーグやガンバ大阪に関する雑記、全国のラーメン食レポなどを執筆。10年間の衛星放送会社勤務を経て、サッカーメディア編集者に転職。筑波大学大学院でスポーツ社会学を研究(修士号取得)。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。ツイッターID:@7additionaltime