「新型コロナウイルスとの戦い方はサッカーが教えてくれる」(岩田健太郎)

クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」の惨状をメディアに伝えたことで一躍知名度を高めた岩田健太郎教授の著書。実は岩田教授がサッカーファン(ヴィッセル神戸サポーター)であることでも知られ、専門分野である「感染症」を「サッカー」との類似点を紹介することで分かりやすく解説した内容となっている。

書籍概要

書籍名:新型コロナウイルスとの戦い方はサッカーが教えてくれる

著者:岩田健太郎

発行:エクスナレッジ

価格:1,500円(税別)

詳細はこちら

真面目なユーモアを楽しむ

大前提としてサッカー本ではなく新型コロナ対策本である。故にサッカー用語の注釈が多々入っているのだがそれが面白い。例えば、我らがヤット(遠藤保仁)の注釈。

ガンバ大阪の看板選手。元日本代表。愛称「ヤット」。車の運転はつねに法定速度以下を遵守して安全運転しているとの未確認情報あり。サッカーも車もスピードの出し過ぎはミスを生むという冷静な判断かもしれない。ピッチを俯瞰するかのように全体を把握し、状況に応じたプレーの選択でゲームをコントロールする。不要不急のシュートは打たない主義。

サッカーに例えてコロナ対策を解説することが趣旨の本なので、サッカーファンとしては納得感がある言及が多数。一方、時々で「分かるような分からないような……」例えが入っているのも一興で「これはボケているのか、真面目に答えているのか」と推測しながら読むのも楽しい。全体的に悲観的にはならずユーモアを交えて余裕をもったスタンスで書かれているのも読みやすさもおススメポイント。

また、今後Jリーグが再開されるにあたって、ピッチ内外の感染リスクについても解説されている章は新しい行動指針の参考になる。オンザピッチではすっぽんマーク、審判に顔を近づけての抗議などは感染リスクになるので避けた方がいいと言及されているのには少し笑ってしまったが、事実であろう。サポーターの感染リスクについても解説されていたが、これまで当たり前にとっていた行動が感染リスクとなることに自覚的にならなければいけないことを痛感させられる。

コロナの恐怖は「知らないことが多すぎる」ゆえの恐怖であるので、7月からのJリーグ再開 → スタジアム観戦にむけて本書でコロナ対策情報を知っておくのは不安軽減にもつながるはずだ。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ガンバ大阪サポーターブロガー。東京在住30代男性。10年間の衛星放送会社勤務を経て、サッカーメディア会社へ。筑波大学大学院スポーツ社会学修士。週末ダイエットフットボーラー。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。