「争うは本意ならねど」(木村元彦)




本書が扱っている「ドーピング冤罪事件」ほどジャーナリズムに感謝したテーマは近年の日本サッカー界になかった。つまり、権力に対する監視機能や、正義の追求が必要だった。これを読まなければ我那覇和樹選手を偏見で捉えていた可能性があると思うとぞっとする。著者の木村元彦氏はあとがきでこう書いている。

我那覇はJリーグと闘ったのではない。Jリーグを救ったのである。

風化させてはいけない事件である。最終的にCAS(スポーツ仲裁裁判所)が我那覇選手をシロと判断するに至るまで誰が何を発言し、どのように行動したのか。私は忘れない。

書籍概要

書籍名:争うは本意ならねど -ドーピング冤罪を晴らした我那覇和樹と彼を支えた人々の美らゴール-

著者:木村元彦

発行:株式会社集英社インターナショナル

価格:1,500円(税別)

詳細はこちら

Jリーグチームドクター連合 VS. 青木治人(Jリーグドーピングコントロール委員会)

我那覇選手への点滴治療に関するサンケイスポーツの誤報を発端とする「ドーピング冤罪事件」の顛末が事細かく時系列に記載されている。話の中心は浦和レッズの仁賀定雄ドクター、サンフレッチェ広島の寛田司ドクター、我那覇選手への治療を施した川崎フロンターレの後藤秀隆ドクターを中心とする「Jリーグドクター連合」と、我那覇選手に処分を下した「Jリーグドーピングコントロール委員会」の青木治人委員長のドーピング違反をめぐる戦いである。

結論は前述の通り「シロ」なのだが、そこに至る過程は苦難の連続。当初から完全にシロであると確信していたJリーグチームドクター達は川崎フロンターレから辞任を求められた後藤ドクターや、処分を受けた我那覇選手、そして、治療の未来を守るために立ち上がる。詳細は割愛するが、不誠実な対応に終始する青木治人委員長や、聞く耳を持たない鬼武チェアマンを前に戦いは長期化する。かなりのページを割いて記載されている「連絡協議会」や「Jリーグ実行委員会」でのJリーグチームドクター連合VS.青木治人委員長のやりとりは必読。同事件の論点が明確になる過程を知ると同時に、当時のJリーグの組織体質を垣間見ることができる。また、板挟みの立場となる田嶋幸三氏や川崎フロンターレ武田信平社長の同事件に対するスタンスも考えさせられるポイントのひとつであった。

広がる支援の輪

話し合いでは決着がつかず、CASに臨むことになり何千万円もの私財投じた我那覇を支えようとする支援の輪の広がりが最大の読みどころ。計4回は読んでいるが同郷・沖縄のサッカー仲間や、川崎フロンターレサポーターらが我那覇の力になろうと奮闘する記述に毎回涙してしまう。自浄作用が機能しない“ダークサイド”のJリーグとの対比の中でより彼らの良心が際立って心に響くのだ。

あらゆる逆風や圧力に不屈の精神で立ち向かうドクター連合の決意。そして、そのドクター連合に背中を押される形で立ちあがった我那覇選手の覚悟。本書を読み終えた時、Jリーグの救世主である彼らに感謝と尊敬の念を抱かずにはいられないはずだ。

そして、我那覇選手がCASの最後に話した言葉を胸に刻もう。

また、私と同じような経験をする選手があってはならないと願っています。




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1日中サッカーのことばかり考えているダメ社会人。ガンバ大阪サポーター。東京在住の30代男性。10年間の衛星放送会社勤務を経て、スポーツを勉強するために大学院に入学。炭水化物抜きダイエットを実施中。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。