「千葉ジェッツの奇跡」(島田慎二)

「Bリーグ集客ナンバー1クラブの秘密」というサブタイトルに惹かれて購入した一冊。Bリーグの人気チーム「千葉ジェッツ」経営方法が紹介されている。どのスポーツも集客は苦労する中で一体どのようなアプローチが成功に結び付いたのか。

書籍概要

書籍名:千葉ジェッツの奇跡

著者:島田慎二(千葉ジェッツ代表/Bリーグバイスチェアマン)

発行:株式会社KADOKAWA

価格:1,400円(税別)

購入はこちら

組織改革

興味深かったのは第3章で書かれている「組織改革」について。私も組織に属するサラリーマンとして自身の環境として比較しながら読み進めた。筆者であり、千葉ジェッツ代表の島田氏は「個人技なくして組織はない」という考えの元、社員のモチベーションが高まるアプローチを次々と行っていく。兼務を廃止し専門を明確にする人事、業務中の喫煙禁止による労働時間の不公平感払拭、長時間ミーティング禁止等による定時退社など。スポーツビジネスにありがちな“無償の愛”をベースにした働き方とは真逆である。「やりがい」「自己成長」「報酬」の3つの要素が連動する仕組みが大切であると考え、改革を進めていった過程は羨ましさも持って拝読した。

そして、そうした組織としての活動理念はフロント側だけではなく、選手や監督といったチーム側にも徹底させているのが島田社長がすごい部分。「地域愛着」を掲げ、年間150~200回ほどのイベントに選手やチアリーダーを地域のイベントに稼働させているとのこと。プロスポーツクラブである以上、コート上以外の仕事も重要なのだが実施するのは簡単なことではない。本書内では集客増へのアプローチとしてアリーナ内の演出についても紹介されているのだが、日々の地道な地域貢献こそが安定的な集客につながっているのではないか。

その他の章では「bjリーグからNBLへ転籍の裏側」、チームとしてどのようなスタイルで戦うのかを定義した「チーム理念」、人気選手である「富樫勇樹選手獲得の経緯」などが紹介されており、千葉ジェッツファンなら必読の内容となっている。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

基本的にサッカーのことばかり考えているダメサラリーマン。大阪出身の30代男性。ハンドルネームが全く浸透せず「ロスタイムさん」「ロス7さん」などと呼ばれがち。健康のために炭水化物抜きダイエットを実施中。好きな食べ物はカレーライス。