「ドリブルデザイン」(ドリブルデザイナー 岡部将和)

日本で唯一の肩書き「ドリブルデザイナー」を持つ岡部将和さん初の著書。YouTubeで公開されているHOW TO動画で存在を知っている人も多いかもしれない。最近はイベントやメディア出演も多く、サッカー界で独自の道を切り拓き続けるパイオニアとして存在感を高めている。

本書では前述した動画内では公開されていなかった情報も含め、「99%抜けるドリブル理論」が整理されている。個人の感覚的な部分も大きいとされるドリブルが、抽象的ではなく理論的に解説されている点が読みどころ。岡部氏へは指導者よりも“パフォーマー”という印象も強かったのだが、現役選手への指導経験もあり、実戦で使える理論もたくさん。サッカーをプレーする子供を持つ両親にもおススメできる。

書籍概要

書籍名:ドリブルデザイン

著者:岡部将和

発行:東洋館出版社

価格:1,700円(税別)

詳細はコチラ

堂安律のドリブルデザイン

本書の中には実際に指導(デザイン)した日本人選手のドリブルを解説する章があり、堂安律選手の事例はアマチュアでも参考になる言及が多々。以前、堂安選手に密着したドキュメンタリー番組でも紹介されていた「抜いた後に追いつかれる」という課題についての対応策が紹介されている。スピードに自信がない選手は特に興味深く読める内容となっている。

キーワードは「絶対勝利の角度:0度」。詳しい解説はネタバレになるので、本書を読んでもらうとして、体のある部分を使ったドリブルは、堂安選手のプレーをレベルアップさせるかもしれない。今後、彼が出場する試合中継を見る楽しみが1つ増えた。

Digiprove sealCopyright protected by Digiprove

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

駄文系サポーターブログ管理人。“サポーター目線”がコンセプト。Jリーグやガンバ大阪に関する雑記、ラーメンを中心とした全国のグルメ紹介記事などを執筆。10年間の衛星放送会社勤務を経て、サッカーメディア編集者に転身。筑波大学大学院でスポーツ社会学を研究(修士号取得)。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。ツイッターID:@7additionaltime