余計なお世話だろうし、上から目線で申し訳ないのだが、「ガンバ特需」に沸く地方アウェイ遠征時に思うことがある。

ガンバ特需はホームクラブの未来につながっているのか

鳥取のニュース番組が「ガンバサポーター襲来」を報道している。スタジアムからの帰り道、漏れ聞こえたガイナーレサポーターの話題もガンバ大阪だった。「ガンバ特需」「アシノミクス」がポジティブに語られているが、アウェイクラブを取り上げ過ぎることは地方クラブを好きになるきっかけを奪ってしまうのではないかと不安になっている。ガンバ特需は両刃の剣だ。

試合前には鳥取砂丘を観光

謙虚なのか、卑屈なのか。各地方、地元の皆様はJリーグの話題になると「うちは弱いから」や「(チケットが売れている理由は)皆、遠藤さんを観みたいだけですよ」などとネガティブ発言に終始される。私に遠慮されている部分もあろうが、J1時代では経験しなかったことである。一次的には儲かったであろう「ガンバ戦後」こそ議論されるべきテーマだ。そんなことをを考える鳥取の夜。

ガイナーレサポーターが点差がついている試合でも最後まで応援を続けていた。あの声援にはどのような想いが込められていたのだろう。選手は勿論、初めてスタジアムに来たお客さんにも届いて欲しい。ガイナーレの先制点時、万博でも味わえないスタジアムの一体感があった。あの興奮が未来につながることを一人のJリーグファンとして祈っている。




コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

一日中サッカーのことばかり考えているダメサラリーマン。東京在住の30代男性。衛星放送の会社に勤務しつつ、大学院でスポーツを勉強中。アウェイ遠征時は御朱印をもらってからスタジアムへ。炭水化物抜きダイエットを実施中。好きな食べ物はカレーライス。