三浦弦太のコイントス無双から考える残留争いの心持ち




宮本恒靖監督は就任直後から“願掛け”行動をいくつか起こしている。話題になったのは「ポストにお礼を伝える」という行動であるが、論理的な印象が強い人物であったので意外な印象も受けた。 ただ、こうした言動は他の監督にもあり、オリベイラ監督は敗戦を理由として「馴染みのライターが来ていなかったから」と冗談ではあるが語っている。選手レベルで考えても「ピッチには右足から入る」「試合に勝った時は下着を変えない」など勝負の世界ではある種の精神論に勝敗の要因を多少なりとも求める事例はかなり存在する。非科学的なものが受け入れられなくなりつつある昨今においても、なぜこのようなことが起きてしまうのだろうか。

レッズ戦でもコイントスに勝利し、7連勝

そして、今話題になっているのは“三浦弦太のコイントス無双”。弦太がコイントスで勝利し、逆エンドを選択し続けて7連勝。風や太陽の光を考慮して判断することもあるが、この逆エンドの選択に関しては「相手に攻められた時、サポーターも声を出して、一緒になって守って欲しい」という宮本監督の意向があることを日刊スポーツが報じている。これを論理的な戦術と捉えることも出来るが、精神的な側面が強い。この選択はサポーターにも支持されており(勝っているからではあるが)、キックオフ前に選手が逆エンドに移動する様子を見ると「よっしゃ!今日も勝てる!」といった言葉も聞こえてくるほど。コイントス後に弦太が仲間とハイタッチしているシーンを見かけたが、同じようなことは選手間でも起きているのではないだろうか。

Jリーグは差が小さい実力均衡のリーグである。どの試合も紙一重の差だ。論理では想像できないワンプレーの偶然性が勝敗を分けることが多々ある。我々はいくら努力しても偶然を支配できることはないが、コイントスの選択や声援のボリュームで運(偶然)を引き寄せることができる……ような気がする。偶然からは誰も逃れられない。ギリギリの勝負の中でそうしたものにすがりたいのはサッカーも人生も同じだ。偶然に翻弄される理不尽を受け入れ、偶然を信じないことには前向きに戦えない。論理や技術の行き着く先は精神論なのかもしれない。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1日中サッカーのことばかり考えているダメ社会人。ガンバ大阪サポーター。東京在住の30代男性。10年間の衛星放送会社勤務を経て、スポーツを勉強するために大学院に入学。炭水化物抜きダイエットを実施中。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。