タピオカと私と、ガンバ。




進撃の巨人」にこんなエピソードが出てくる。

他国との交流が始まったことにより貿易が開始。輸入されたワインの味が評判を呼び、巷で大流行するのだが、それは相手国の罠。一定の条件で巨人にさせられてしまう薬がワインの中に混入されていたのであった……。

だから私はタピオカを飲まない。巨人になりたくないからだ。物事には裏表がある。それを私は進撃の巨人とベッキーから学んだ。光が強いほど闇は深いのだ。タピオカは眩しすぎる。ゴミ問題?ヤクザが経営?ハイカロリー?……あまい。もっとヤバいタピオカの闇が近いうちに公になるのではないかと予想している。

タピオカ無双の過去、未来

ガンバ大阪U-23で活躍を見せる唐山翔自選手

そんなことを考えながらガンバ大阪U-23の試合を観ていたら、タピオカみたいな少年が大人を相手に無双していた。唐山翔自(とうやま しょうじ)。世代別日本代表にも選出されるガンバユース期待のFWである。「唐山君がいればガンバのFWは10年安泰だ!」……と、素直に喜べないのが最近のサッカー界。ゴールの喜びの次にくる感情は「……いつ海外クラブに獲られちゃうのかな」なのだ。堂安律、食野亮太郎、中村敬斗の事例で私達は痛感した。優秀な若手は海外クラブの投資対象として奪われる運命にある。ドメスティックな「C契約ルール」も絡んでトップ昇格前に海外移籍なんて可能性も否定できない状況だ。

しかし、である。極端に傾いた時は逆にバランスを取る動きが起きることを歴史が証明している。働き過ぎた時代があるからこそ「働き方改革」が推進されているのであるし、西野朗時代があるからこそ長谷川健太が招集されるのだ。

スケープゴート -“ガンバらしさ”を失った原因-

ちなみに、タピオカもこの文脈で説明できる。コーヒーへの飽きからタピオカ(お茶)に注目が集まったことがブームのきっかけとされている。つまり、言いたいのは10代海外移籍トレンドの反動で「国内残留ブーム」が訪れる可能性はあるのではないかということ。川崎フロンターレの躍進もあり、大卒選手が再評価されつつあるトレンドからも風向きの変化の兆しを感じる。最近の若者は海外離れしているというニュースも読んだ。

だからこそ、私は期待を込めて唐山君や中村仁郎君などガンバ大阪U-23で活躍するユース選手達を「タピオカ世代」と呼び、彼らに未来のガンバの夢を見よう。若くして欧州へ渡った先輩達の姿を見て考え方が変わる可能性もあるし、実は極端に郷土愛が強い世代かもしれない。

罠の可能性を警戒していたタピオカはガンバの明るい未来の象徴だった。俄然ガンバ大阪U-23を応援する意欲が湧いてきた。今夏の市丸、高、野田ら若手選手の大量レンタル移籍を受けて「(ガンバ大阪U-23は)興行的に破綻している」と批判したことを今は反省している。彼らへの応援で声を枯らそう。タピオカで喉を潤しながら。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ガンバ大阪サポーターブロガー。東京在住30代男性。10年間の衛星放送会社勤務を経て、サッカーメディア会社へ。筑波大学大学院スポーツ社会学修士。週末ダイエットフットボーラー。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。