J2降格をうけて

「涙を堪えられない」なんて経験は私には無縁だと思っていた。不甲斐なさ、憤り、悲しさ、虚しさ……今は感情を整理できない。明日から1つひとつの感情に向き合っていく。

降格が決まった今節。選手達は間違いなくベストを尽くした。責めることはできない。結果を受けれるしかない。今は試合直後には言えなかった「お疲れ様」を伝えたい。

1失点完封の罠 -なぜガンバはこんなにも自分みたいなのか-

試合前、友人には「覚悟は決めてる」と話していたものの、現実にJ2降格が決まった今、覚悟なんてどこにもなかったことを痛感している。試合終盤、得点に繋がりそうないパワープレーを繰り返すピッチ上の光景に足が震えた。声も出なくなった。

ただ、不思議と絶望感はない。それは、何人かの主力選手が既に残留に前向きな発言をしていることや、この試合のサポーターの応援が最高に一体感もあるものがったことも救いになっている。試合前、ゴール裏のサポーター全員で手を繋いでチャントを歌った気持ちを忘れずに、来年も一生懸命応援しようと思っている。

Digiprove sealCopyright protected by Digiprove
インタビュー記事作成サービスのご紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

駄文系サポーターブログ管理人。“サポーター目線”がコンセプト。Jリーグやガンバ大阪に関する雑記、ラーメンを中心とした全国のグルメ紹介記事などを執筆。10年間の衛星放送会社勤務を経て、サッカーメディア編集者に転身。筑波大学大学院でスポーツ社会学を研究(修士号取得)。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。ツイッターID:@7additionaltime