高校サッカー選手権を観戦しに等々力競技場に行った。お目当ては2017年シーズンからガンバ大阪へ入団が内定している東福岡高校の高江麗央選手。生でプレーを観たのは初めてながら、プレーエリアも広く、状況判断に優れた好プレーヤーだった。スピードがあり、ドリブル突破という武器を持っている事からサイドでボールをもった時の雰囲気もある選手で、数年後にトップチームでも活躍するだろうなと思わせるポテンシャルを感じた。

そんな高江選手よりも印象に残った選手がいた。それはスタンドで応援する“ベンチ外”の選手達だ。普段、Jリーグを見慣れている私でも彼らの声量と一糸乱れぬアクションには毎年驚かされる。ベンチ外という悔しさを押し殺してライバルでもあるチームメイトを応援する事に対する心の葛藤も想像すると尊敬の念は深まるばかり。「For The Team」の精神を学び実践した彼らはきっと社会に出てからレギュラーを掴むに違いない。

試合会場の等々力競技場

高校サッカーから学ぶ

私も元高校サッカー部員である。高校時代の私は自分が出ていない試合は保身(レギュラーを守る)のためにチームの敗戦を願っていた。自分が良ければそれで良かった。だから、東福岡のベンチ外の選手達の応援に心を打たれたのだ。今なら分かる。試合に出ることだけが全てではないし、もっと大切なものがある。そして、ゴールはもっと先だ。

これも東福岡の選手とは対照的な出来事だが、私が所属した高校サッカー部ではレギュラー外の選手達を中心にコーチ解任を目的としたクーデーターも起きた。理由は「自分達のプレーが見られていない(Aチームばっかり見ている)」「試合中、指揮する態度が悪い」「練習内容の効果が疑わしい」…etc. 選手達の意見は通り、コーチは解任された。ぬるい環境で育った私。「高校サッカー部は理不尽を学ぶところ」とは某解説者の言葉だが、前述のような不満は社会では当たり前に発生するし、理不尽への免役がない自分は今後社会でやっていけるのか不安だ。

大人になった今でも、高校サッカーから学べる事は多い。




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1日中サッカーのことばかり考えているダメ社会人。ガンバ大阪サポーター。東京在住の30代男性。10年間の衛星放送会社勤務を経て、スポーツを勉強するために大学院に入学。炭水化物抜きダイエットを実施中。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。