先日、ガンバ大阪サポーターのネット配信番組にゲスト出演させて頂いた際に聞かれた質問が頭に残っている。

「ブログをやっていて良かったなと思うことは何ですか?」

ガンバ大阪に関するブログを始めて12年。その間、アフィリエイトで儲けがある訳でもなく、人気が出て書籍化された訳でもない。むしろ、サーバー代やドメイン代など諸経費の積み重ねでそれなりの赤字だ。同窓会で再開した友人に「えっ!?まだやってるの?」と笑われても、一度も会ったことがない人からクソリプが飛んできてもやめようと思ったことはない。スタジアムからクタクタの状態で深夜帰宅しても記事を書いてから寝たし、会社で嫌なことがあった日もネタを探した。

他人事のような書き方になるが、意義があると感じているからこそ続けられているのだろう。今回のエントリーはブログを書き続けてきた理由を考えたい。

理由①「サポーター仲間ができるから」

前述のサポーターネット配信番組内ではこの主旨の回答をしたと記憶している。「ご挨拶」でも書いている通り、ガンバ大阪について語る仲間がいないことを契機としているので、ブログを通じた新たな出会いは何事にも代えがたい。想いを共有できる人が増えれば増えるほど楽しいのがJリーグだと思っている。

情報発信をきっかけに自分に興味を持ってもらえるという経験はブログならでは。最初は恐かった「もしかして、ロスタイムさんですか?」とスタジアムで声をかけられる経験も、そうした出会いからサポーターの輪が広がった今を考えると、ブログが社交性に乏しい自分の性格をフォローしてくれたと捉えている。未だに私から知らない人に声をかけるなんて想像がつかない。ブログを読んで頂いて、更にリアルの場でも交流して頂ける方々には感謝しかない。

また、私がラッキーだったのはそうした出会いの中で交友関係を広げてくれるハブとなる人物が何人かいたこと。手前味噌ながら「『ロスタイムは7分です』を書いてるこ~さんです」と紹介してもらうと「あー!読んでます」となることが最近は増えてきた。ブログへの所感が賛否どちらであれ嬉しいし、知ってもらっていることは初対面でのコミュニケーションを格段にスムーズにする。長年書き続けてきた意味を実感できる瞬間でもある。これからは私もサポーターをつなぐハブの役割を果たしていくつもり。ガンバ仲間のおかげで得た充実はガンバ仲間に返す。

10年後、皆さんが現在所属するコミュニティを想像してみて欲しい。会社、学校、地元……どうなっているのか想像がつかないものが多いのではないだろうか。その点において「趣味」でのつながりは強い。私は10年後もガンバ大阪を愛していると断言できる。そして、好きなものを応援している自分も好きだ。歳を重ねるごとに趣味(ガンバ)でつながったコミュニティの重要性の高まりを感じているサポーターは私だけでははず。

ブログとACLアウェイ遠征が交友関係を広げてくれた

理由②「サッカーへの理解が深まるから」

体操の内村航平選手が理解したつもりの塾生に対して「説明してみて」と求める明光義塾のテレビCMがあるが、ブログを書くことで身に付いたサッカーへの考え方は多い。自分の意見を発信をする以上、正しい情報理解をベースとしたい心理が働くのは当然。つまり、アウトプットは最高のインプットになっている。ブログでの情報発信を念頭におくことで試合や本などの情報を“考えながら得る”習慣が身に付いた。主体的に情報を得続けることでサッカーに対する理解をそれなりに深めてきたつもり。

長くブログ続けるためには新しい知識を入れるしかなく、その積み重ねの中でサッカーを見る視点が増えたことは大好きなJリーグをより魅力的なものとしてくれた。それはオンザピッチの戦術的な部分だけではなく、ビジネス、社会学、歴史、文化…など解釈は無限にあるような気もしている。好きなものを深く理解したいという欲求は誰しもが持つもの。私自身まだまだ見えていないものだらけだが、そう思えるのはJリーグのポテンシャルを感じていることと同義であり、ブログを続けるモチベーションにもなっている。

言葉は考え尽くした先にしか出てこない。書くことで頭が整理されて、最初に考えていたことと違う結論になることなど日常茶飯事。中田英寿は「Nataka.net」で、中村俊輔は「サッカーノート」でアウトプットする習慣を持っていたことは成功した要因の1つだろう。自分は何を考えている人間なのか、何をしたいのか、何をすべきなのか……ガンバ大阪を書くことはサポーターとしての自分を知ることでもあった。

サッカーを通じて各地の文化や歴史も学べた

理由③「ガンバ大阪に貢献したいから」

今年の春から通っている大学院の授業の一環で「新規のサッカーファンにはサポーターの姿を見せることでクラブへの帰属意識が高まる」という趣旨の論文を読み、強い納得感を覚えた。なぜなら私自身がそれに近い経験をしているからである。

サポーターになりたての頃はスタジアムで試合を観ること以上に「2ちゃんねる」や「FC OSAKA」といった掲示板を読むのが楽しみだった。その時間はサポーターとしての原体験と言っていい。インターネット上で交わされる議論に感化され「私も面白いことを書けるサポーターになりたい」と思ったことをよく覚えている。

つまり、ブログを書く私は当時掲示板にコメントを書き込んでいたサポーターの分身なのだと思う。彼等が私を生んだ様に、当時の掲示板の熱量には及ばないまでも私もこのブログを通じて新しいサポーターの誕生に貢献したい。

先輩サポーターの言葉が今の自分を形成している

これからのこと

このブログに伸びしろはさほど残されていない。アクセス解析からは読者が固定化していることが分かるし、記事への反響の減り具合からは読者がマンネリを感じていることも悲しいかな感じている。

変化しなければならない。

私がガンバを好きでいられるのは選手以上にサポーターの存在による部分が大きい。だからこそ、今後は自分語りだけではなく「紹介すること」に重きを置きたい。近年はサポーター同士で揚げ足の取り合いのような状態が目立つが、一生懸命活動するポジティブな側面のサポーターの姿や魅力を伝えたい。彼等のJリーグやクラブに対する熱狂・熱量を紹介することで更にサポーターを増やすことができると信じている。

参考記事:「店長には敵がいない」「サポーターの部室 -「CURVAさかゑ」店長インタビュー-

また、情報発信はブログである必要性もないとも思っている。アプローチを変えれば違う層に届けられる。最近、考えているのは“サポーター情報(目線)”に特化したフリーペーパーの発行や、WEBマガジンなどサブカルチャー的なアウトプットの可能性。これを読んだ「応援のあり方のプロジェクトチーム」の皆様や、サッカー系媒体関係者の方は検討頂けないだろうか。売り上げは経費を除いて全てガンバ大阪の強化費として寄付する。企画書持って大阪まで行くので。

そして、最後は利己的で申し訳ないが、文章の書き手として成長したい。書くことが好きなので、より多様な表現をできるようになりたいし、他媒体でも書きたい。最近は「カンボジアサッカー取材旅」に行かせて頂けたり、長年愛読していた「フットボール批評」に寄稿できたりと、貴重な経験に感謝の日々。中高生の頃、当時サッカーダイジェストでガンバ大阪担当だった川原崇氏のマッチレポートを毎週楽しみにしていた記憶は未だ鮮明で、ああいう客観と主観をミックスさせた人の心を揺さぶる文章の書き手に少しでも近づくことが目標。

2004年、川原氏がガンバの強さを確信した記事を読んだ時の興奮は未だに忘れない

以上がガンバサポーターの「ブログ論」。

文章を書くことは楽しく、そして、恐い。「賛」だけの記事は存在せず、もれなく「否」がついてくる。最初はネガティブな反応に慣れなかった。良かれと思って書いていることを否定されるのは辛い。一番の仲間だと思っているガンバサポーターにSNSでブロックされていることも少なくない。ただ、それは情報発信をする以上避けられないことであるし、批判されること以上の意義や喜びがあることをこの記事を通じて伝えられたのなら嬉しい。

どうぞ引き続き宜しくお願いします。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1日中サッカーのことばかり考えているダメ社会人。ガンバ大阪サポーター。東京在住の30代男性。10年間の衛星放送会社勤務を経て、スポーツを勉強するために大学院に入学。炭水化物抜きダイエットを実施中。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。