「来週の試合、“参戦”する?」

Jリーグサポーターの私が仲間と頻繁にやり取りする台詞である。Jリーグに興味がない方向けに通訳すると「次の試合はスタジアムで試合を観戦しますか?」となる。《観戦》ではなく《参戦》という言葉を使うところにサポーターがサポーターたる所以がある。

Jリーグでは「WE ARE REDS!」と叫ぶ応援が有名だが、言葉の通り試合に挑んでいるのは【He】でも【They】でもなく、【We】という感覚をサポーターは持っている。お客さんではなく、クラブの一員として闘うためにスタジアムに毎週向かっている。それすなわち、“参戦”なり。

我がホーム「吹田スタジアム」

 

サポーター活動は宗教!?

応援するクラブへの貢献はスタジアム内だけに留まらない。私の場合、スポンサーへの感謝の気持ちから家電は【Panasonic】、移動は【ANA】、新聞は【朝日新聞】、飲み物は【コカ・コーラ】、たこ焼きは【くくる】と決めている。全ての行動はクラブに還元される事を意識しての事だ。

こんな調子だから学校や職場の同僚からは訝しがられた。「宗教みたい」と言われた事もある。そこにはネガティブな意味がこめられている。確かに前述の行動はお布施と大差がない。長谷川健太監督が入ったお風呂の残り湯は飲まないし、山内隆司社長の守護霊にインタビューする事もないながら、選手考案のお弁当を嬉しそうに食べる私は立派な信者に見えるだろう。

同僚には言えない。仲間内で私が本名ではなく、ハンドルネームで呼ばれているなんて。「こ~さん」は本名ベースなのでギリギリOK。「ロスタイムさん」「ロス7さん」はまずい。教祖から授与されたと名前なんだと勘違いされる恐れがある。そもそも今は「ロスタイム」ではなく「アディショナルタイム」なので時代遅れ感も良くない。まさか自分がブログ名で呼ばれる事になるなんて・・・。

ただ、宗教よろしくサポーター間の精神的結び付きは強い。コミュニティの希薄化が社会問題になる中で、年齢・性別関係なくゴールが決まれば抱き合える関係性は貴重だ。同じ想いを万人と共有できる喜びは何事にも代え難い。

また、中国や韓国で試合が行われる際、現地での反日感情に触れる度に嫌でも自分達のアイデンティティを意識させられる。しかし、それは決して嫌な体験ではない。なぜなら、中指を立ててくる言葉の通じない彼らの姿により一層同胞であるサポーターの一体感を感じる事ができるから。対立する存在がいるからこそ感じられる精神的な充実や興奮はJリーグならではの魅力だ。

ACLアウェイには中毒性も

最後に、クラブを「うち」と一人称で呼ぶ我々サポーターは自己同一性が強いゆえ、新しい仲間が生まれにくい面がある。蛸壷化が叫ばれて久しいJリーグにおいて、サポーターに今、求められているものは受容力だ。今年は同僚をスタジアムに誘ってみよう。

「来週の試合、“参戦”しない?」




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1日中サッカーのことばかり考えているダメ社会人。ガンバ大阪サポーター。東京在住の30代男性。10年間の衛星放送会社勤務を経て、スポーツを勉強するために大学院に入学。炭水化物抜きダイエットを実施中。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。