【スタジアムツアー】「ETIHAD STADIUM(エティハド・スタジアム)」

ACLメルボルン遠征の観光として訪問。メルボルンはスタジアムが密集しており、スポーツ好きにはたまらない都市である。スタジアムツアーは日本との相違点を意識しながら周ると多くの気づきも得られて楽しい。

【スタジアムツアー】「カンプ・ノウ」

【スタジアムツアー】「エスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウ」

ETIHAD STADIUM

通称・ドックランズ・スタジアム (Docklands Stadium)。過去にガンバ大阪をはじめ、複数のJリーグクラブが試合を行った日本でも比較的知名度のあるスタジアム。場所はメルボルンの中心地である「サザンクロス駅」から徒歩数分。周りは商業ビルも多く、仕事帰りにここでスポーツ観戦する方も多いのだろう。「東京駅」や「梅田駅」にスタジアムが建つイメージ。羨ましい。

スタジアムツアーは1日3回開催。料金は15ドル。私が訪れた平日AM回の参加者3名。ほぼ貸切で英会話のレッスンも兼ねることができた。所要時間は約90分。写真撮影は自由で、ガイドの方に撮影をお願いすることも可能。普段は観ることのできないスタジアム内部を見学できる。ACL等でメルボルンに行かれるサポーターにお勧め。

バー・レストラン

スタジアムは社交場として機能しているので、バーやレストラン、カフェなどコミュニケーションスペースが多数存在する。試合前後をここで過ごす。お洒落な場所で過ごす時間は試合観戦に付加価値を与えてくれそうだ。

VIPルーム

主に法人が利用しているVIPルームは豪華なレイアウトとなっている。部屋内にはオーストラリアのスポーツの歴史が詰まった記念品が所狭しと展示されている。部屋の中で食事も可能。

記者席・メディアセンター

ピッチを見渡せるメインスタンドには記者席が用意されている。紙、TVとメディアの種類によっても部屋が分かれている。日本では聞いたことがない「タイムキーパールーム」なるものも存在した。試合後の記者会見が行われるメディアセンターはスタジアムツアーで一番人気の場所なのだそう。同行したおじさんもテンションが上がっていた。

ピッチ

実際に選手が入場の際に通る通路を抜けるとピッチを間近で見学することもできる。ピッチレベルからスタジアムを眺めるとその大きさに圧倒される。観客席との距離も近く、満員になった際はきっと選手達は凄まじい熱量を感じながらプレーすることになるのだろう。

ミーティングルーム・バス

選手控室はとても広い。マッサージベッドやお風呂も多く準備されており、プレーヤー数が多いスポーツにも対応されていた。

まとめ

ガイドのおじさんが日本人にも分かりやすい英語で説明して頂けたおかげで有意義な時間となった。印象的だったのは「コミュニティ」を意識したスタジアムの各種機能。記事内では紹介しきれなかったが、スタジアム内にはクラブ(組織)名が付いたコミュニティスペースが複数存在した。スタジアムはただスポーツを観るだけの建物ではない。地域やビジネスにとってスポーツの重要性を感じる時間でもあった。だからこそ、メルボルンのど真ん中に建設されるのだろう。

ありがとうございました

Digiprove sealCopyright protected by Digiprove

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

駄文系サポーターブログ管理人。“サポーター目線”がコンセプト。Jリーグやガンバ大阪に関する雑記、ラーメンを中心とした全国のグルメ紹介記事などを執筆。10年間の衛星放送会社勤務を経て、サッカーメディア編集者に転身。筑波大学大学院でスポーツ社会学を研究(修士号取得)。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。ツイッターID:@7additionaltime