シェムリアップに新しい文化を -アンコールタイガー取材旅を終えて-




「カンボジアの夢と希望と勇気の象徴として、国民の生活に欠かせない心の潤いとなる」

カンボジアの日系サッカークラブ「アンコールタイガー」のクラブミッションである。初めて聞いた時からこの言葉の意味を考えていた。言うは易く行うは難し。国民性も文化も違う日本人が異国でそんなことができるのか。具体的には何をすることがミッション達成につながるのか。その一端を少しでも感じることが今回の旅の個人的なテーマだった。

満員のスタジアムがもたらすもの

超満員のスタジアム

リーグレコードだという4200人以上で埋め尽くされたスタジアムの空気感は何かを変えるのに十分な熱量を帯びていた。過去一度も勝ったことがない強豪クラブ・ボンケットFC相手に常に先行される苦しい展開にも食らいつくアンコールタイガー。選手達のハードワークに連動して声量が大きくなる「タイガー!タイガー!」のチャント……と呼ぶにはまだつたない“大合唱”はシャイなカンボジア人のイメージを壊すものだ。「カンボジアにはサッカーを応援する概念はないんです」と話していたクラブスタッフも驚いたに違いない。少年コールリーダーの掛け声には照れて反応が薄い一方で、ゴールの瞬間発生した感情爆発と呼ぶべき歓声にサッカーの力を感じずにはいられなかった。サッカーなら日本人でもカンボジアを変えられるかもしれない。

アンコールワット観光をアテンドしてくれた現地ガイド曰く「カンボジア人はあまり夢をみない」のだそうだ。女性は仕事に就けない前提で結婚後は基本的に家に引きこもり夫に尽くす。女性は未経験であることがモテる要素の1つになっているようで、離婚という選択肢はあまり持てない。一方で男性も大して仕事がないので仕方なくトゥクトゥク(バイクタクシードライバー)をやるが供給過多で儲からない。異国で働こうにも国(カンボジア)の信頼が低いので入国審査がかなり厳しい。ガイドが一時的に日本に行った際は保証人証明書類の提出も求められたとか。運よく日本に行けても女性は風俗で働かされるパターンや、そこから悪い人に掴まって不法滞在につながり、それが更に入国のハードルを高めるという負のスパイラル。ポルポトの影響もあり、人生のモデルとすべき大人も少ない。だから、諦めている人が多い……と。明るい未来の想像すら難しいのだ。

だからこそ、何かを信じ、応援する行為が持つ意味は大きい。アンコールタイガーがホームタウンをサッカークラブが集中するプノンペンからシェムリアップにを移転したことに対して選手達は「本当のサポーターが増えた」と語る。自分達に想いを重ねてくれるサポーターの存在は選手達の力になる。そして、その力を得た選手達のパフォーマンスはサポーターの勇気と希望になる。この試合は買収が疑われるほど主審が対戦相手に寄った判定をしていた。GKが早々に怪我をして交代枠を1枠失った。逆境ばかりの環境でも自分達の声援に背中を押され、いつも以上に最後まで諦めずに戦うアンコールタイガーの姿にシェムリアップの人々は何を見ただろう。

we are with you.

カンボジア・シェムリアップに正のスパイラルが生まれようとしている。

シェムリアップにサポーターカルチャーが根付く時

ファンを迎い入れる加藤オーナー

2-2で終了した試合で発生したスタジアムの感情爆発は3回あった。2/3回はゴールの瞬間。そして、もう1回は試合前に発生した対戦相手であるボンケットサポーターの応援に対して「やり返せー!」とばかりにアンコールタイガーサポーターをクラブオーナーの加藤氏が煽った時だ。ボンケットの洗練された応援に戸惑っていた彼らが「待ってました!」とばかりに「タイガー!タイガー!」と大声量でやり返したシーンが忘れられない。彼らはリーダーを求めている。

試合後、(本当はダメだと思うが)ピッチにサポーターがなだれ込み選手達との大撮影会が始まる中で選手と同様……いや、もしかするとそれ以上に加藤氏の前には記念撮影を求める長蛇の列があった。試合前はスタジアム前で来場者を出迎え一人一人にお礼を伝え、ハーフタイムには地元アイドルと共に踊るというピエロを演じたかと思えば、試合中は誰よりも率先して大声で審判に抗議し、ゴールには一番大きなリアクションで喜びを表す。それらの行動が意図的なのか天性のパーソナリティによるものなのかは分からないが、シェムリアップの人々がチームの先頭に立ちチームを牽引する加藤氏を求めているのは明らかだ。氏の隣で記念撮影に笑う少年の笑顔に「カンボジアの夢と希望と勇気の象徴として、国民の生活に欠かせない心の潤いとなる」の具体を垣間見た。

立ち見で応援するサポーター

アンコールタイガーの話をすると多くの人はビジネスの側面に注目する。それも大切だ。維持ができないことにはミッションを達成できない。一方でカンボジアでのクラブ運営の本質はそこではないことを痛感する旅でもあった。カンボジアは若い人が多い本来的にはポテンシャルの高い国である。その国でサッカーを通じて日本人選手やスタッフが彼等の憧れとなりえる可能性があるなんてプライスレスだ。何事にも代えがたい価値がある。応援文化がスタジアムに定着した時、クラブが、そして、シェムリアップの町がどのように変化するのか今から楽しみである。きっとそれは遠い未来じゃない。

最後に今回の旅はアンコールタイガー関係者の皆様に大変お世話になりました。大学院の授業でクラブの存在を知った春から数か月後にまさか自分が現地で取材しているとは想像もしていなかった。窓口となって頂いたオーナーの加藤氏、アンコールワット観光の手配をして頂いたGMの篠田氏、抜群の撮影技術で写真など広報周りをフォロー頂いたセールスマネージャーの木米氏、試合翌日もクラブハウスで黙々と地道な作業でクラブを下支えるインターンの菅井氏、取材時に通訳を担当頂いたノイ氏、試合翌日にも関わらずインタビュー取材に対応頂いた深澤仁博選手と林遼太選手、クラブスポンサーの立場から取材のアドバイスを頂いた三笠製作所社長の石田氏をはじめ、この旅でお世話になった全て皆様に改めて感謝申し上げます。素晴らしいサッカー文化を伝える機会を与えて頂きありがとうございました。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1日中サッカーのことばかり考えているダメ社会人。ガンバ大阪サポーター。東京在住の30代男性。10年間の衛星放送会社勤務を経て、スポーツを勉強するために大学院に入学。炭水化物抜きダイエットを実施中。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。