【ACLアウェイ遠征記】なぜ海外遠征を繰り返すのか? -上海上港戦-




中国の空港でこれを書いている。PM2.5の影響だろうか、喉が痛い。今日は21時上海発の飛行機に乗り、深夜に羽田空港に到着する予定。到着時には終電は終了しているので始発まで空港で時間を潰した後、そのまま出社する。社会人として褒められたスケジュールではないし、海外まで負け試合を応援に行く私は馬鹿なのかもしれない。しかし、ACLアウェイ遠征はやめられない。選手達には結果に関係なく「海外まで連れて来てくれてありがとう」という想いでいっぱいだ。私はなぜACL遠征を繰り返すのだろう。今回はフライトまでの時間でそんなことを考えたい。

公安による厳しい身体検査を経て入場

ガンバ大阪サポーターである実感

考えた結果、2つの答えが出た。

1つ目は異国での応援は自身のアイデンティティを実感をもって確認できるから。コミュニティへの帰属意識が高まると言い換えてもいい。スタジアムで公安に厳しく監視され、中国人から中指を立てられ、領事館からは治安の危険をアナウンスされる。そうした経験によって自分が日本人、ガンバサポーターであることを改めて実感する。このような心理状態だからこそACLアウェイではサポーター間の交流が活発化するのも魅力だ。初めて一緒に応援するサポーターに対しても異国で戦う同志としての親近感が生まれる。

責任の重さ

2つ目は現地参戦人数の少なさゆえの責任の重さ。「自分が応援しなくては」という使命感にも似た感情が心地よい。だからこそ、面倒な事前申請や現地チェックを経てまでゲーフラを持参するし、国外では柄にない最前列での応援にもチャレンジする。PM2.5で喉を痛めたとしても、あの充実感には替えられない。現地サポーターが少ないゆえに国内組から「TVに映ってたよ」というメッセージが届くのも毎回の楽しみ。このようなメッセージを読む度、勝手に責任感を高めている。

ACLチケット

 




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1日中サッカーのことばかり考えているダメ社会人。ガンバ大阪サポーター。東京在住の30代男性。10年間の衛星放送会社勤務を経て、スポーツを勉強するために大学院に入学。炭水化物抜きダイエットを実施中。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。