矛盾する価値 -スズキカップ観戦記 タイ編-




ソフトバンクからの「海外パケット通信料が1万円を超えました」というメールにうなだれる。3000円のホテルに泊まっている意味……。今回の旅を思い返すと、チケット完売に始まり、部屋のエアコン故障、夜に迷子、支払いがキャッシュオンリーのホテル(現金不足)、激痛の旨が伝わらないタイマッサージ、一人旅なのに3人前からしか頼めないプーパッポンカレー、路線図見せて「ステーション」を強調したのに町外れの会社に連れていくタクシー、突然の豪雨、そしてパケット通信料……我ながらよくやりきった。新婚旅行だったら成田離婚になっていた。

相変わらず「何故行くのか」を自問自答しなければならない旅だが、この経験が今後の人生で何かの役に立つことを信じるばかり。前向きに前向きに……そんなことを考えながらこの記事を書いている。深夜の国際空港、トランスファーベッドに一人。

ベトナムとは違う

ラジャマンガラ・スタジアム

ハノイの熱狂から8時間後、バンコクに飛んだ。目的は引き続きスズキカップ観戦。

愛国心と -スズキカップ観戦記 ベトナム編-

人生2度目のタイ。空港に降りた瞬間に感じるベトナムとは格の違う国際感。街の中心部まで電車で移動できるインフラに、インフレを起こしていない桁の小さい通貨。街に溢れる広告量からは経済力を感じる。タイのクラブを選択する日本人が増えているのも頷ける。

そうした社会的な成熟はサッカー界においても見てとれた。満席にならない観客動員数や試合中に派手な感情表現をしないサポーターの様子は冷めているというより“落ち着いている”と捉えるべきだ。ワンオブゼムとしてのサッカー。スズキカップ2連覇中の東南アジアの雄にとってグループリーグで熱くならないのは格が上がった証拠だろう。

ただ、外国人(日本人)的にはタイの立ち位置は中途半端でもある。スズキカップ最大のコンテンツ価値は東南アジア独特の熱量だと捉えていたので、それがない際に何に価値を見出したらいいのか。正直なところ物足りなさは感じた。プレーレベルも上がって、ファンの見る目も肥えてきているにも関わらず、それを良しと出来ないのは外国人のエゴではあるが……。何かを得ると何かを失うのは世の中のルール。立場や視点が変わればサッカーの価値は変わるということ。

タイではツイッターを通じて知り合った現地在住の「きーきあっ」さんと合流し、解説を聞きせて頂きながら試合を観戦。話を伺うにタイ・オリジナルな発展の仕方をしているサポーター文化もあり、「熱量」「一体感」といった軸でしか評価できない自分のサッカー観はJリーグの価値観の影響を受けすぎており、新しい刺激を定期的に受ける必要性も痛感した。そう思えるようになった成長だけで海外パケット代の価値はある。

サッカーがつなぐ世界との縁

念願だったスズキカップ観戦を終えて海外サッカーの熱源を探す旅は一区切り。今年はスペインドイツカンボジア、スズキカップ(ベトナム・タイ)と5ヶ国も回れて幸せ。

どのスタジアムにもいる癖のあるサポーター

さらに海外サッカーに関してはアクションを起こすと必ず誰かしら(先輩方)のサポートを頂いている。チケット手配、宿泊地提供、執筆機会、ご飯……etc.大好きなサッカーがもらたしてくれる縁には感謝しかない。こうしたサポートは私も若いサッカー馬鹿に出会えた際に必ず返す。それがサッカーの素晴らしさを未来に繋げることになるはずだから。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1日中サッカーのことばかり考えているダメ社会人。ガンバ大阪サポーター。東京在住の30代男性。10年間の衛星放送会社勤務を経て、スポーツを勉強するために大学院に入学。炭水化物抜きダイエットを実施中。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。