盛り上がりに欠けるスタジアムで考えたこと -スズキカップ観戦記 タイ編-

ソフトバンクから届いたメールタイトルに目を疑う。「海外パケット通信料が1万円を超えました」。痛恨のデータローミング設定ミス。1泊3,000円のホテルに泊まっている意味とは……。今回のアジア旅は、観戦チケット完売に始まり、部屋のエアコン故障(夏)、迷子、クレジットカード使用不可によるホテルチェックイン拒否、激痛の意思が伝わらないマッサージ、3人前からしか注文できないプーパッポンカレー(一人旅)、「ステーション」という名の会社に連れていくタクシー、定期的に起きるゲリラ豪雨、そして、データローミング設定ミス……トラブルしかなかった。

アジアでの激動の数日間を思い返す。日本への帰国便を待つ、タイのトランスファーベッドの上に一人。

「サヴォイ」(ラジャマンガラ・スタジアム)

ベトナムとの比較で考える。タイのサッカー熱

ラジャマンガラ・スタジアム

ハノイの熱狂から8時間後、タイ・バンコクに飛んだ。目的はもちろんスズキカップ観戦だ。

愛国心を叫べ!混沌としたスタジアムで -スズキカップ観戦記 ベトナム編-

人生で2回目となるタイ。空港に降りた瞬間に分かる、ベトナム(ハノイ)とは違う街の国際感。中心部まで電車で移動できる交通インフラ。桁の小さい通貨。街に溢れる広告の数は経済力の証拠。タイのクラブに移籍する日本人が増えている理由が垣間見えた気がする。

社会的な成熟は、サッカー界においても同様だった。満席にならない観客数や、試合中に派手な感情表現をしないサポーターの姿。冷めているのではなく、落ち着いていると表現した方が適切だろう。ベトナムとは違い、タイ人にとってサッカーは“ワンオブゼム”なのかもしれない。スズキカップ2連覇中の東南アジアの雄だ。グループリーグくらいでは騒がない。

ただ、外国人(日本人)目線では、タイの立ち位置は中途半端でもある。スズキカップ最大のコンテンツ価値は(東南アジア独特の)「サポーターの熱量」だと考えている。それを感じることができない一戦は物足りなかった。オンザピッチのレベルは上がり、サポーターのサッカーを見る目も成熟しているのは悪いことではないのだが……。

しかし、立場が変われば、サッカーの見方も変わるのは当然のこと。それはSNSを通じて知り合い、タイで初対面したきーきあっさん(現地在住)との会話でも感じた。両国のサッカートレンドについて情報交換する中で、見えたサッカーの捉え方の違い。サポーター文化の多様性と言い換えてもいい。日本には日本の、タイにはタイの応援文化があるということ。「熱量」「一体感」といった視点でのみ評価していた思考の偏りを反省した。海外で異国の文化(刺激)に触れたからこそ得られる自身の変化。海外パケット代数万円以上の価値があるはず(と、自分に言い聞かせている)。

サッカーがつなぐ世界との縁

念願だったスズキカップ観戦を終えて海外サッカーの熱源を探す旅は一区切り。今年はスペインドイツカンボジアに続き、スズキカップ(ベトナム・タイ)と5ヶ国も回れ、本当に充実した時間を過ごしている。

目の前で応援していた少し癖があるサポーター

最後にお礼を記したい。今年の海外サッカー遠征では多く先輩方からサポートをいただいた。チケットの手配、宿泊地の提供、原稿執筆依頼、ご馳走いただいた現地グルメ……。サッカーがもたらしてくれる縁に感謝。感謝のお礼はこの先の人生で出会うであろう若きサッカーファンに返そうと思っている。そうしたサポートの積み重ねがサッカー文化を未来に繋ぐことになると信じて。

サポーターをやめるとき

Digiprove sealCopyright protected by Digiprove

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

駄文系サポーターブログ管理人。“サポーター目線”がコンセプト。Jリーグやガンバ大阪に関する雑記、ラーメンを中心とした全国のグルメ紹介記事などを執筆。10年間の衛星放送会社勤務を経て、サッカーメディア編集者に転身。筑波大学大学院でスポーツ社会学を研究(修士号取得)。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。ツイッターID:@7additionaltime