【スタジアムツアー】「パナソニックスタジアム吹田」




パナソニックスタジアム吹田では定期的にスタジアムツアーが開催されている。普段は入れないエリアをガイド付きで見学することができるファン必見の内容となっている。同スタジアムはサッカーの試合観戦以外に会議室やパーティーなど様々な用途でも利用可能。クラブの収入源としてスタジアムの稼働率は今後重要度が高まるテーマ。ガンバサポーターの皆でスタジアムツアーに参加し、利用法を考えてみるのも楽しいかもしれない。

スタジアムツアー概要

料金:

【大人】1,000円【小中学生】500円(スタンダートコース)

【大人】3,000円【小中学生】2,000円(昼食付コース)

所要時間:スタンダートコースは1時間、昼食付コースは2時間

公式HPはこちら

スタジアムツアー不定期開催。日程決定次第ガンバ公式HPで告知される。事前申込制で受付は先着順。定員は30名程度ながら最近は比較的余裕がある様子。おススメは昼食付のツアー。スタジアム内レストランでブッフェ形式の食事を楽しむことができる。

昼食

スタジアムツアーは昼食からスタート。アウェイゴール裏上にあるレストランスペースに移動してブッフェ形式の食事を楽しむ。席は自由。おかわりも自由。食事のご提供は箕面市に店舗を構える高級フレンチ「フラン・エレガン」様ご提供。メニューは「鶏とカブのクリーム煮」「フィッシュフライ」「おでん」「スパニッシュオムレツ」など多彩。

また、この部屋に展示されているガンバ大阪関連のユニホームやグッズはガンバ大阪社員の私物なんだとか。そうした手作り感ある装飾(内装)は好感度が高い。ちなみに、最近はこの部屋も含め、パナソニックスタジアムで結婚式(披露宴)をする夫婦も多いそう。サポーター同士のカップルは選択肢の1つとしてご検討あれ。

スタジアム内見学

約1時間ほどの昼食タイムを終えると、スタジアム内見学がスタート。ガンバ大阪スタッフに加え、ガンバチアがアテンドしてくれる。スタジアム内の写真撮影は可能。少人数制なので色々質問ができるのが楽しい。まず案内されるのはヨーロッパスタイルの「VIPエリア」。建設前、海外のスタジアム視察を通じて“社交場としてのスタジアム”の重要性を感じたことからパナソニックスタジアムにおいて重視したポイントの1つとのこと。コンパクトなスタジアムながらVIPエリアの席数は日本最大級の2,000席。基本的には法人向けとなり、利用料は年間1千万円(飲み放題付き)。また、「VVIPエリア」というさらにレベルの高い部屋も用意されており、日本代表監督などが利用する。手厚い接待でガンバ大阪の選手をたくさん日本代表に選んでもらおう。

続いて向かったのはロッカールーム。ホーム側とアウェイ側で造りが全く違うのは有名な話。ホーム側のロッカールームは音が反響し、どの位置にいても声がクリアに聞こえるようになっている。若手、ベテラン、外国人が座るエリアは大体決まっており、ヤットの席は参加者に大人気で撮影スポットになっていた。

パナソニックスタジアム ピッチ

最後はお待ちかねのピッチへ。ピッチへは試合時の選手達のように一列に並んで入場するのだが、BGMとしてラジカセでアンセムを流してくれる。残念ながら芝生の上を歩くことはできないが、ベンチへの着席や、ピッチをバックに記念撮影など十分楽しむことができる。ピッチレベルからスタジアムを見渡すと改めてスタンドとの距離の近さを感じることができる。その距離なんと最短で7メートル。この大迫力こそパナソニックスタジアムの最大の魅力である。

そして、お土産はピンバッジ。スタジアムツアーを通じて改めて自分達のスタジアムが出来たことを実感できた。パナソニックスタジアムの模型を見ながら夢を語った数年前のスタジアム建設説明会が懐かしい。ガンバサポーターなら大満足の2時間。おすすめ。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1日中サッカーのことばかり考えているダメ社会人。ガンバ大阪サポーター。東京在住の30代男性。10年間の衛星放送会社勤務を経て、スポーツを勉強するために大学院に入学。炭水化物抜きダイエットを実施中。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。