「東欧サッカークロニクル」(長束恭行)

東欧を中心に16の国と地域のサッカー文化を知ることができるルポタージュ本。ワールドカップやユーロなど、国際大会期間中の読書に最適。テイストは違えど、現地のリアリティや文化的な側面からのアプローチは宇都宮徹壱氏が好きな国内サッカーファンも楽しめるはず。

著者の長束恭介氏は海外サッカー旅行をきっかけに人生観が変わり、脱サラ。欧州サッカー観戦をライフワークとする生活に変えた、尊敬すべき“サッカークレイジー”。そんな長束氏の圧倒的なサッカーへの愛、熱量も感じることができる。

書籍概要

書籍名:東欧サッカークロニクル

筆者:長束恭行

発行:内外出版社

価格:1,700円(税別)

詳細はこちら

最強フーリガン集団「BBB」とのアウェイ遠征

個人的には馴染みのない東欧サッカーが舞台なので、新発見が多い。サポーター目線では、日本とロシアワールドカップで対戦するポーランドの章が面白かった。この国では敵対するクラブのサポーター同士が「協定」を結び、同じゴール裏で試合を応援する文化が存在するのだという。

そんな協定が紹介されたかと思えば、別の章では民族問題を背景に同じクラブを応援するサポーターが分裂したエピソードが記載されているなど、各国のサッカーを取り巻くリアルを知れる。人種、新興、文化……あらゆる違いを越えて一体感をもたらしてくれるのがスポーツ……現実はそんなに甘くない。

最大の読みどころは、ディナモ・ザグレブを応援するフーリガン集団「BBB」(バッド・ブルー・ボーイズ)と長束氏が共にした“往復3000キロのアウェイ遠征記”。ビール、賄賂、たかり、警察、喧嘩、ナンパ、万引き……日本のアウェイ遠征からは全く想像がつかないエピソードのオンパレード。もはやフィクション(小説)を読んでいるような感覚だった。

日本人の常識ではそうしたフーリガンの言動は批判の対象ではあるが、長束さんがリスペクトを(も)持って彼らと接しているのが行間から伝わってきた。野蛮さ、下品さは頼りがいでもあるし、フーリガン達の活動のベースにあるクラブへの愛は惹かれるものがあることも確か。フーリガンの生き方に憧れを持つ人が一定数いるのは理解できる。

本書を読んで、多様なサッカーの愛し方を知れば、また違ったサッカー観を獲得できるかもしれない。

Digiprove sealCopyright protected by Digiprove

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

駄文系サポーターブログ管理人。“サポーター目線”がコンセプト。Jリーグやガンバ大阪に関する雑記、ラーメンを中心とした全国のグルメ紹介記事などを執筆。10年間の衛星放送会社勤務を経て、サッカーメディア編集者に転身。筑波大学大学院でスポーツ社会学を研究(修士号取得)。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。ツイッターID:@7additionaltime