「みつ星製麺所」(パナソニックスタジアム吹田)

大阪・福島が発祥の人気ラーメン店。最近耳にする機会の増えた「ポタージュ系」のラーメンが看板商品。この「ポタージュ系」、正確には“ベジタブル・ポタージュラーメン”と呼ばれ、その名の通り、数種類の野菜をポタージュ状にしたものと豚骨スープを使用しているのが特徴。名付け親はラーメン研究科の石山勇人

お店紹介

店舗外観

店名:みつ星製麺所 西中島店

住所:大阪府大阪市淀川区西中島6-8-23 ビープラスビル 1F

営業時間:11:00~15:00 17:30~21:00 ※日曜日定休 祝日営業

HPはこちら

場所は新大阪と南方の間。どちらの駅からも徒歩で10分程度。大通りから一本道を中に入った住宅街でひっそりと営業している。分かりにくい場所で人気を得ているのは、味が美味しい証拠である。土曜日の昼に訪問した際はほぼ満席も、列ができるほどではなかった。店内はカウンター席のみ11席。料金は後払い制。接客もまずまず。

食べるべき一品:「濃厚らーめん」(800円)

濃厚ラーメン(800円)

泡のビジュアルが興味をそそる。豚骨の臭みを消し、甘さを引き出すために多くの野菜を使った結果、ポタージュ状のスープに至ったそう。そんな野菜によってクリーミーになったスープが最大の特徴。野菜と豚骨の良さがミックスされた一味違う濃厚さは新しい美味しさ。

おススメ度:5.5点/10点満点

濃厚ながら口当たりがまろやかなラーメンは希少価値が高く、女性にもおススメ。泡なビジュアルはインスタ映えも。ただ「つけ麺」など、その他メニューはオーソドックスな味。基本的には「濃厚ラーメン」一択のお店。定休日が日曜なのはサポーター的には残念。ラーメン激戦区である新大阪・南方エリアにおいては優先順位はさほど高くない。

Digiprove sealCopyright protected by Digiprove

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

駄文系サポーターブログ管理人。“サポーター目線”がコンセプト。Jリーグやガンバ大阪に関する雑記、ラーメンを中心とした全国のグルメ紹介記事などを執筆。10年間の衛星放送会社勤務を経て、サッカーメディア編集者に転身。筑波大学大学院でスポーツ社会学を研究(修士号取得)。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。ツイッターID:@7additionaltime