甲府にヴァンフォーレが根付きまくっている件




睡魔と戦いながらの運転を経て、甲府より帰宅。信玄餅を食べながらこれを書いている。試合後に立ち寄った「小作」の店員さんが面白い事を話されていた。試合結果を質問されたのでガンバ勝利を答えたところ

「あらー。ヴァンフォーレは1位じゃなくなったのね。山梨の人は首位だって喜んでいたのに」

と、≪1節終了時点で首位≫というJリーグサポーターでも一部しか盛り上がっていない小ネタを把握されていたのだ。甲府のサッカー文化は確実に定着している。

そんな甲府だが、今節スタジアムビジョンの操作はボランティアに担当していることが発覚した。ガンバ大阪のチームエンブレムとしてまさかのセレッソ大阪のエンブレムを表示させてしまったことを謝罪しにヴァンフォーレ甲府の運営担当社員が謝罪の際に発言した。駐車場の案内からドリンクコップのリユース係までボランティアが目立つスタジアムではあるのだが、まさかそのまで……。ミスの重さはさておき、市民に支えられているクラブであるであることを印象つけるエピソードだった。

選手入場時に甲府ゴール裏が専用スタジアムを希望する横断幕を掲げていたが、ここまで多くの人に支持されているクラブであれば案外すんなりと新スタ着工が決まるかもしれない。

未来への投資

最近、「若手の頑張り」に涙腺が緩む。今節、試合後に何度もゴール裏に頭を下げる初瀬の姿に心を揺さぶられた。無事Jリーグデビューを終えてくれてホッとした。そんな初瀬のアシストで今シーズン公式戦初勝利。内容的には序盤に「ウー」連発だったのが(決定機が多かったことが)油断を生んだか。試合途中に「ゴール裏の雰囲気がぬるい」というコールリーダーからの叱咤激励があったが、ピッチ上でも同じような事が起きていたように見えた。一方で相手の脅威は予想通りクリスティアーノの個人技だけだった事もあり、負けるとは90分間一度も思わなかった。クリスティアーノの左サイドには阿部&ジェソクの守備固めで万全だった。

攻撃面での物足りなさは本田圭祐イズムで「伸びしろ」としよう。メンバーをローテーションしても完封勝利ができるチームを作った長谷川監督のマネジメントに拍手。この時期のローテーションはACLのグループリーグ突破や、疲労や怪我人が増えるシーズン後半にむけての貯金となるはずだ。




コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

一日中サッカーのことばかり考えているダメサラリーマン。東京在住の30代男性。衛星放送の会社に勤務しつつ、大学院でスポーツを勉強中。アウェイ遠征時は御朱印をもらってからスタジアムへ。炭水化物抜きダイエットを実施中。好きな食べ物はカレーライス。