ガンバ大阪2021年スローガン「TOGETHER as ONE」は誰が決めた?

綾波レイが碇シンジに笑顔を見せたのは「笑えばいいと思うよ」と言葉をかけられたからであるように、人の行動は他者や社会からの期待に由来することが多い。常識から外れることを無意識に避けていると言ってもいいかもしれない。身近な例を挙げるならば、満員電車は「他人に無関心」という暗黙の了解によって成立しているし、箱根駅伝の沿道で毎年フリーザが応援しているのは視聴者がそれを楽しみにしているからである(コロナ禍の2021年に登場しなかったことも然り)。

つまり、行動の主体が誰か(社会)を意識している以上、受け手もその行動の一端を担う“生産者”の側面がある。

2021スローガン『TOGETHER as ONE』

以上を前置きとして、2021年ガンバ大阪のスローガン『TOGETHER as ONE』について。このスローガンこそ他者の目線……特にサポーターの期待に応えようとするものではないだろうか。

まず過去の振り返りとして、昨年のスローガンである『GAMBAISM』とは「ボールを保持しながら相手を圧倒し、アグレッシブにゴールを奪う」ことであると解説されているが、これは2005年~2010年頃の“ガンバ大阪黄金期”のサッカーであり、多くのサポーターが期待するものである。実際にスタジアムで披露されるサッカーがボール保持率30%、被シュート20本で守り倒すものであっても、クラブとして目指すところがサポーターの期待と近しいのは喜ぶべきことだと受け止めている。

そして、今年のスローガンである『TOGETHER as ONE』にも同じことが言える。近年、サポーターに大切に歌われているチャント「WE ARE WITH YOU」にも通じる“一体感を大切にする想い”が含まれている。ガンバ大阪HPに記載されている「選手、スタッフはもちろん、スポンサーの皆様、ファン・サポーターの皆様、ホームタウンの皆様、ガンバに関わる全ての皆様との思いを1つにしてシーズンを戦い、そしてその先に見えてくるもの、1位をつかみ取るという思いを込めています」というスローガン決定の説明文からも相手(ステークホルダー)を強く意識していることが伺いしれる。

ガンバボーイはSNSで好きなことを呟けない!?

スローガンとは少し違う文脈にはなるが「他者の期待(目線)」によって行動変容された事例を1つ挙げたい。それは「ガンバボーイツイッター事件」である。

本件の詳細説明は割愛するので関心がある人は調べて欲しいが、上記ツイートはガンバボーイが個人的な考えをツイートした数日後に投稿されたものである。そして、それ以降何も投稿されていない(※2021年1月18日時点)。

確かに私も当該ツイートを目にした時は「なにこれ?」とは正直思った。一方で違和感は嫌悪感ではないし、マスコットが持論を持つこと自体は悪だとは思わない。ただ、事実としてガンバボーイが沈黙を続ける状態になっているのは誰かが「マスコットがそういうことを呟くべきではない」と考えた(ことにガンバボーイが影響を受けた)結果であると捉えるのが妥当で、他者や社会からの期待から外れる行動を取る難しさを感じざるをえない。

ガンバボーイ、Twitter再開待ってるよ

サポーターの行動は誰からの期待?

スローガンに話を戻す。言語化によってその考えや存在が意識され、周知されるという意味では『サポーター』はその典型であろう。Jリーグ開幕に合わせて登場・定着したこの言葉によってサッカー観戦は“観ること”から“参加すること”に変容された……といった趣旨のことを時々見聞きするが、実感は違う。

ゲーフラをもって空港に行けば手荷物検査で危険人物を見るような眼差しに晒されるし、会社でマイクラブを一人称で語った際には「あれ?君の所属変わったの?」と言わんばかりの表情をされることも少なくない。

そうした経験を背景に問いたいのは「サポーターの言動は誰からの期待によるものなのか」ということ。

この記事の前提として「人の行動は他者や社会からの期待に由来することが多い」と書いた。しかし、前述の通りサポーターの行動は社会的に奇異な目で見れることも多い。もっと言えば、社会的な常識から外れる行動も多く、2020シーズン横浜FC-ガンバ大阪戦において再三の注意アナウンスにも関わらずルールを違反してスタンディング応援を続けたガンバ大阪サポーターの件もそれにあたる。

「サポーター」の定義自体が非常に難しいが、ここでは「ゴール裏で一生懸命声を出して応援する人」としよう。以下、ガンバ大阪サポーター(当事者)として実体験ベースとした仮説を紹介する。

まず前提として、ガンバ大阪の応援はイタリアのアタランタをモデルとしている。荒っぽさが魅力の1つであり、不良性は多くの男子を惹きつける。私も若かった頃はそれをカッコイイと思ったし、ベトナムやインドネシアに遠征するのも同じ文脈で理由付けすることができる。

【ドルトムント遠征記】イタリアのガンバ大阪

愛国心と -スズキカップ観戦記 ベトナム編-

ただ、そうした思想をベースとした行動は一部社会常識と相反する部分がある。「スタジアムは非日常」と言われることも多いが、残念ながら現実はそうではない。スタジアム内でも暴力は犯罪であり、差別発言は許されない。経験や年齢と共に視野も広がる中でサポーターとしての理想(憧れ)と社会常識の間でバランスを取って行動するようになるのだが、ガンバ大阪への愛、応援への情熱が高まりすぎた結果、ゴール裏というコミュニティが生活の中心になってしまうと、その弊害として常識から外れる行動を引き起こしてしまうと考えている。

つまり、「サポーターの言動は誰からの期待によるものなのか」という最初の問いに回答する形で書くのであれば「サポーターコミュニティを背景とした自分自身」である。実はそこに他者からの目線はなく(同じ境遇の人間からの期待はある)、それゆえに(社会との)ズレが生じてしまうのではないか。また、サッカー(サポーター文化)に関してはメディアがもたらす「日本は遅れている。欧州(イタリア)はこんなに激しい」といったある種の“虚構性”による影響もあると感じている。

半分は自己批判のような文章を書いていて悲しくなったので、最後に少しフォローするが「ゴール裏(スタジアム)というコミュニティが生活の中心」という人生は楽しい。サッカーが自分の人生を豊かにしてくれたのは紛れもない事実だし、趣味を通じた繋がりの重要性は年齢に比例して増している。コロナ禍において人と会うことのハードルが高くなっている中でも趣味(サッカー)を通じた人とは会えている事実をふまえてもそう感じる。

ただ、そのコロナ禍だからこそ平常時以上にサッカー界に対しても社会常識が求める目線が向けられていることも忘れてはいけない。それを肝に銘じて2021シーズンを迎えようと思う。今年も宜しくお願いします。

Photos:おとがみ

Digiprove sealCopyright protected by Digiprove

ABOUTこの記事をかいた人

駄文系サポーターブログ管理人。“サポーター目線”をコンセプトにJリーグやガンバ大阪に関する雑記、全国のラーメン食レポなどを執筆。10年間の衛星放送会社勤務を経て、サッカーメディア編集者に転職。筑波大学大学院でスポーツ社会学を研究(修士号取得)。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。ツイッターID:@7additionaltime