「人類みな麺類」(パナソニックスタジアム吹田)

電子書籍発売のお知らせ

一度聞けば忘れない個性的な店名。メディア露出も多く、大阪府民の中での知名度はかなり高い。食べログ「ラーメン 百名店 WEST」など様々な賞を獲得しており、北摂地域在住のラーメン好きにおススメ店を聞けばここを教えられる確率は高い。

※2020年のリニューアル後の情報追記あり。

お店紹介

(旧)人類みな麺類 外観

店名:人類みな麺類

住所:大阪市淀川区西中島1-12-15

営業時間:11:00~23:00 (L.O.)

HPはこちら

最寄り駅である阪急南方駅の改札を出ると開店前から長蛇の列。列の先には看板もなく、一見何のお店か分からない建物。そこがお店。時間帯によるが、平日で平均30分~45分程度の待ち時間。店内のBGMはミスチル。モニターにはライブ映像が流れている。行列に並びたくない方は、近所の「時屋」や「みつ星製麺所」もおススメ。

メニューはらーめんのみ3種類(※リニューアル後は5種類になった)。すべて醤油ベースながら、それぞれに特徴があってどれも美味しい。注意事項としては店内に座席備え付けのテッシュはなし(その代わりとしてチャーシューのサイズを大きくしているらしい)。水もセルフとなっている。

2020年から東京にも進出。恵比寿(代官山)や赤坂でも食べられるようになった。

食べるべき一品:「らーめん macro」(800円)

らーめん macro

人気ナンバーワンメニュー。薄口醤油と貝の旨味が融合したスープは万人受けする味で、口当たりがとても良い。初来店時にはこれを注文したい。そんな澄んだ上品なスープの上には、インパクト抜群の角煮のような“極厚”チャーシューがトッピングされている。箸で切れるほどの柔らかさで、これを目当てに店を訪問する人もいるとか。

麺は中太の全粒粉麺で少し固め。大人気ラーメン屋さんの共通項だと思うが、スープ、麺、トッピングが足し算ではなく、完璧なバランスで一体化している。完成度が極端に高いラーメン。

他の2種類のラーメンも美味い。ガツンとした醤油味を味わいたい方は「らーめん micro」を、店オリジナルの味を知りたい方は「らーめん 原点」がおススメ。

リニューアル後は煮干しベースの「らーめん骨」が新メニューとして登場。店員さん曰く「スープをよく混ぜてから食べるのがおススメ」。スープ内には出汁のベースになっている稚魚も確認できる。下記の写真は「らーめん肉」版。大きなチャーシューが2枚入っており、お腹が満たされること間違いなし。

ラーメン骨(肉)

まとめ

大阪を代表するラーメン屋の1つ。玄関口である新大阪駅から徒歩圏内とアクセスも◎。味は言うまでもなく、スタッフ数や接客も完璧で満足度はかなり高い。これを食べずして大阪のラーメンは語れない。

ごちそうさまでした。

Digiprove sealCopyright protected by Digiprove
電子書籍発売のお知らせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大阪出身東京在住のガンバサポーター。駄文系サッカーブログを運営。「サポーター目線」をコンセプトにガンバ大阪やJリーグ、アウェイ遠征先で食べたグルメ(主にラーメン)に関する雑記を配信中。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン