「ノイカフェ」(パナソニックスタジアム吹田)

万博公園前にも出店したことで、サポーターに認知を高めた北摂の有名オシャレカフェ。本店は千里中央駅から徒歩15分程度、箕面市の住宅街・船場町でこじんまりと営業中。24時まで営業しているので、ナイトゲーム後に軽くお茶したい時などにもおススメ。

お店紹介

ノイカフェ 外観

店名:ノイカフェ  (neu.cafe) 

住所:大阪府箕面市船場西3-6-40

営業時間:11:00~24:00 ※日曜営業

HPはこちら

元・地元民である私も知らないうちに、住宅街だと思っていた箕面・船場エリアがカフェの激戦区になっていた。街に溶け込む外観は独特の雰囲気がある。駐車場も完備されており、深夜まで女子会で賑わっている印象がある。店内には席によって様々なアンティーク家具があり、何度も訪問して、違う席での食事を楽しみたくなる。おススメは店内奥のソファー席。居心地抜群。メニューはハンバーグ、ピザ、パスタなどカフェ飯中心で、時間帯によって注文できるものが変わる。アルコール、コーヒーなど飲みものも充実している。

食べるべき一品:「濃厚ガトーショコラ」(490円)

濃厚ガトーショコラ(490円)

明確な看板メニューがある店ではないと認識しているが、個人的にはテイクアウトも含めて、ケーキメニューをよく購入している。一番美味いのはガトーショコラ。店内で食べる時は上にアイスクリームを乗せてくれるのが嬉しい。バニラとチョコの相性はスイーツ界における大黒選手二川選手。最強コンビにコーヒーも進む。チーズケーキ×生クリーム、チーズ(ピザ)×蜂蜜……皆さんはどのコンビネーショングルメが好きですか?

まとめ

深夜&日曜営業が嬉しい。基本的にはご近所在住サポーター向けだが、車移動の方はデート利用でも重宝できる雰囲気のある店。近隣にはスーパー銭湯「水春」もあるので、デーゲーム時はサッカー観戦→カフェ→サウナという行程も楽しい。

ごちそうさまでした。

Digiprove sealCopyright protected by Digiprove
メディア寄稿実績
DAZN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

駄文系サッカーブログ「ロスタイムは7分です。」を運営。“サポーター目線”をコンセプトにガンバ大阪やJリーグ、アウェイ遠征先で食べたグルメ(主にラーメン)に関する雑記を配信。関西学院大学社会学部卒業後、スカパー!に10年在籍。筑波大学大学院(スポーツ社会学)を経て、フットボリスタ所属のライター&編集者として活動。他媒体への寄稿も行っている