「CAZI CAFE(カジカフェ)」(パナソニックスタジアム吹田)




元ガンバ大阪の加地亮選手が代表取締役、奥さんがオーナーを務める古民家カフェ。2011年7月にオープンなので結構長く経営しているが、2017シーズンで現役を引退した加地選手が同店スタッフとして本格的に働き始めてから各メディアで露出が急増。加地さんに会える(時もある)店として再び注目が集まっている。

お店紹介

CAZI CAFE 外観

店名:CAZI CAFE(カジカフェ)

住所:大阪府箕面市如意谷1-11-22

営業時間:LUNCH TIME:11:00〜14:00(L.O)/CAFE TIME:14:00〜16:30/DINNER TIME:17:30〜21:30(L.O)

HPはこちら

最寄りは阪急箕面駅。徒歩で15分歩くかバスを利用する。駐車場が数台分あるので車での訪問も可能。ランチ、カフェ、ディナーと時間帯によって提供される食事が違う。ランチタイムは混雑するようで予約をした方が安心。キッズルームもあって小さな子連れでも問題なく食事を楽しめる。

加地さんはいたりいなかったり。滞在時は写真撮影にも気さくに応じてくれるよう。奥さんの実家は大倉荘という淡路島にある民宿で、私も学生時代のサッカー合宿でお世話になったことがあるが、そこを思い出させるようなアットホームな雰囲気が素敵な空間。

食べるべき一品:「いろいろおかず定食」(1,400円)

いろいろおかず定食

ネーミングが可愛い人気No.1ランチメニュー。10種類の小鉢にご飯とお味噌汁がつく。インスタ映え的にも◎。健康的で美味しい和食を食べたい人におススメ。時期によって使われる食材も違うようで、季節ごとに変化する料理を楽しみに訪問するもの楽しい。料理人は奥さんの知り合いで、老舗割烹で修行を重ねた実力派の板前だとか。「加地さんに会える店」としてではなく、「美味しいご飯を食べられる店」だからこそ人気が出ていることが分かる味。淡路島の玉ねぎを使った料理は勿論、個人的にはすごい弾力の豆腐は新食感で一番印象的だった。

おススメ度:10点/10点満点

元ガンバの選手が移籍先から再び大阪に戻ってきて、ホームタウンで家族経営のお店を出す。お皿洗いなど地味な仕事も精力的にこなし、引退後もサポーターと触れ合う。素晴らしいセカンドキャリア。これはJリーグ百年構想の理想形の1つではないだろうか。ずーーーーと続いてほしい。次は加地さんがいるタイミングを見計らってカフェやディナーで訪問したい。そして、数年後には近隣に「FUTA CAFE」も期待。

ごちそうさまでした。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1日中サッカーのことばかり考えているダメ社会人。ガンバ大阪サポーター。東京在住の30代男性。10年間の衛星放送会社勤務を経て、スポーツを勉強するために大学院に入学。炭水化物抜きダイエットを実施中。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。