「とん八」(味の素フィールド西が丘)

電子書籍発売のお知らせ

「からし焼き」をご存じだろうか。味の素フィールド西が丘からほど近い、東十条駅発祥のローカルフードである。ここ数年、メディアでの露出が増え、知名度が急上昇中。そんなご当地グルメは昭和40年頃、この店から始まった。元祖の味がここにある。

お店紹介

とん八

店名:とん八

住所:東京都北区東十条3-17-9

営業時間:11:30~14:00 17:00~20:00

HPはこちら

東十条駅から徒歩2~3分。大衆酒場が軒を連ねる一角に出店。オレンジ色の看板が目印。店内はカウンターのみでかなり狭い。おそらく夫婦であろう二人で店を切り盛りされている。お昼からアルコールを飲んで過ごしている常連客と思われる方も多く、満席の場合、さほど回転は早くないので、店の外で待つかの判断は注意が必要。元々はトンカツ屋だったが、まかない料理だった「からし焼」が人気になり今の営業スタイルになったのだとか。

食べるべき一品:「からし焼」(750円)

からし焼

一見、豚バラの入った麻婆豆腐の様にも思えるが、味は全く別物。調理手順は、まず豚バラをラードで炒めることが始まる。その際、カウンター席前の厨房であがる火柱の迫力に多くの人が驚くことになる。加熱された豚バラは別皿に移されたのち、豆腐を秘伝の甘辛自家製タレと、大量のおろしにんにく、しょうが、唐辛子で煮込む。最後にキュウリと刻み長ネギを豚バラにかけたら完成。下町が生んだ中毒性の高いスタミナ料理である。

味は類似するものがないオリジナルゆえ、初めて食べた時は感想を伝える言葉が思いつかなかった。にんにく、しょうが、唐辛子がもたらす“汁”はパンチ力の中にも深みを感じさせる。肉の種類は少し値段が高くなるロースも選べるが、豚バラの方が美味い。

まとめ

日本で1~2位を争う白米が進むおかず。下町が生んだB級グルメの最高傑作。白米のサイズが小、中、大と選べる心使いも嬉しい(写真の白米は「中」)。豚バラの旨味が染み込み、ニンニクや生姜が浮く汁はスプーンで白米にかけながらいただきたい。スタミナ抜群。食べたら元気になること間違いなし。

ごちそうさまでした。

Digiprove sealCopyright protected by Digiprove
電子書籍発売のお知らせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大阪出身東京在住のガンバサポーター。駄文系サッカーブログを運営。「サポーター目線」をコンセプトにガンバ大阪やJリーグ、アウェイ遠征先で食べたグルメ(主にラーメン)に関する雑記を配信中。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン