「中国菜館 まんみ」(ユアテックスタジアム仙台)




“服に飛び跳ねる食べ物”として洗剤のCMに登場するのが今回紹介する「マーボー焼きそば」。テレビで初めて認知したその日からアウェイ仙台遠征時には絶対食べようと決めていた。

お店紹介

まんみ

店名:中国菜館 まんみ

住所:宮城県仙台市泉区泉中央1-22-3

営業時間:11:00~15:30、17:00~21:00

HPはこちら

ユアスタ最寄り駅である「泉中央」から徒歩3分とサポーター的には最高の立地。開店10分で満席となった人気店。本来はラーメン屋のようだが、前述のCMやテレビでの露出によって「マーボー焼きそば」の人気に火が付いた。2013年の秘密のケンミンSHOWで「仙台のソウルフード」として紹介された際は「そんなの知らねーよ!」と総スカンだったそうだが、それから5年間で人気を確立。「仙台マーボー焼きそば推進委員会」を立ち上げ、委員長も務める同店の広報活動の賜物だろう。

食べるべき一品:「マーボー焼きそば」(820円)

マーボー焼きそば

ありそうでなかった最強コラボ飯。麻婆豆腐と焼きそばの組み合わせが不味い訳がない。元々はまかない飯だったが、常連客の要望から正式にメニュー化された。単に麻婆豆腐を麺にかけただけではなく、餡で調整された麻婆が麺との一体感を生んでいる。時間と共に麺は麻婆のエキスを吸収して旨味パワーアップ。油の強いジャンク感はB級グルメの醍醐味でもある。将来的には学校給食で使われることを目指している。

おススメ度:5.5点/10点満点

牛タンばかり食べていた仙台グルメに新たな風。麻婆豆腐好きにとっては辛さなど少し物足りない部分はあるかもしれないが、味、量、立地を考えればコスパ的に十分及第点。新たな仙台ランチとして十分選択肢に入れられる。仙台市内には50店舗を超えるマーボー焼きそば推進委員会加盟店があるので、牛タンよろしく食べ比べをしても楽しい。

ごちそうさまでした。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1日中サッカーのことばかり考えているダメ社会人。ガンバ大阪サポーター。東京在住の30代男性。10年間の衛星放送会社勤務を経て、スポーツを勉強するために大学院に入学。炭水化物抜きダイエットを実施中。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。