「あつた蓬莱軒」(パロマ瑞穂スタジアム)

名古屋はアウェイ飯の聖地。なにせ名物が多い。「味噌カツ」「味噌煮込みうどん」「台湾まぜそば」「手羽先」「天むす」「エビフライ」「きしめん」「ういろう」「小倉トースト」……そして、「ひつまぶし」。今回は名古屋飯の中で最も高級なジャンルに分類されるこの料理を提供する名店を紹介。

お店紹介

店名:あつた蓬莱軒

住所:愛知県名古屋市熱田区神宮2-10-26

営業時間:11:30~14:30(L.O)、16:30~20:30(L.O)

HPはこちら

明治六年創業の言わずと知れたひつまぶしの名店。「ひつまぶし」は同店の登録商標。愛知県に4店舗営業しているが、今回紹介するのは「神宮店」。その名の通り「熱田神宮」の入口付近に立地しており、御朱印を集めているサポーター的にはありがたいお店。休日は1~2時間程度の待ち時間が発生するので、まずはお店で入店登録を行った後、待ち時間で熱田神宮を参拝するのがおススメの過ごし方。

食べるべき一品:「ひつまぶし」(3,600円)

ひつまぶし

「刺身定食」「天麩羅定食」などメニューが豊富な同店であるが、注文すべきは「ひつまぶし」一択。料金は高いが、その分美味い。貫禄すら感じさせる名古屋グルメの横綱。流行りのB級グルメとは格が違う。細かく刻みこんだ蒲焼きと、タレがほどよく染み込んだ熱々のご飯は完璧なバランス。元祖ひつまぶしに相応しい味。

ご存知の通り、ひつまぶしはお櫃の中を四等分に分ける食べ方が主流。一善目はそのまま、二膳目は薬味(ねぎ、わざび、のり)をかけて、三膳目は薬味にお出汁をかけたお茶漬け。そして、四膳目は一番お気に入りの食べ方で。ちなみに、私の四膳目の途中までは薬味で食べつつ、最後に少しお出汁をかけるハイブリッド方式を採用している。

おススメ度:8.5点/10点満点

どんな食べ方でも美味いのがすごい。サッカーにも通じる。システムを変えても強いチームは強い。多様な戦い方ができるからこそ強いとも言える。明治六年創業という歴史の中で創り上げられた名古屋を代表するこの食文化は絶対一度は食べるべき。

ごちそうさまでした。

Digiprove sealCopyright protected by Digiprove

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

駄文系サポーターブログ管理人。“サポーター目線”がコンセプト。Jリーグやガンバ大阪に関する雑記、ラーメンを中心とした全国のグルメ紹介記事などを執筆。10年間の衛星放送会社勤務を経て、サッカーメディア編集者に転身。筑波大学大学院でスポーツ社会学を研究(修士号取得)。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。ツイッターID:@7additionaltime