「たんや善治郎」(ユアテックスタジアム仙台)

仙台駅に向かう新幹線の中で考える。

それなりに都会で「牧場(牛)」の印象がさほど強くない宮城県が年間5千トンの牛タン消費量に至った理由は何か。地域性からは必然を感じない中で、発祥を調べると「太助」初代店長・佐野啓四郎氏の経営努力に由来する部分が大きいことを知った。一店舗のメニューが地域の文化にまで成長する凄さ。そうした牛タンへの想いは現代まで受け継がれており、各牛タン屋HPに記載された“こだわり”はどの店舗も凄まじい熱量のものばかりだ。

お店紹介

たんや善治郎

店名:たんや善治郎(仙台駅 駅前本店)

住所:宮城県仙台市青葉区中央1-8-38 AKビル 3F

営業時間:11:00~23:00(L.O. 22:30)

HPはこちら

仙台の有名定番店の1つ。駅前すぐという場所に加え、Jリーグ試合開催日が日曜ナイトゲームであったため、営業時間的に今回は「たんや善治郎」にお邪魔した。席から調理場が見える内装になっており、職人の手際の良さを眺めていたらあっという間に料理が提供される。週末や休日は昼夜同メニュー。定食メニューを注文しつつ、+αで一品メニューを頼む形がおススメ。牛タンのラーメンやお重系のメニューも充実しているので、リピートする際にはチャレンジしてみてもいいかもしれない。

食べるべき一品:「牛タン定食(10切れ)」(2,200円)

牛タン定食(10切れ)

店曰く、不動の人気定番メニュー。6切れから12切れまで選択可能。写真は10切れだが、厚みがあるので食べ応え十分。おかわり可能な麦飯や、テールスープ分のお腹も考慮して枚数を選びたいところ。味の特徴としては、弾力を感じる食感がまず最高。噛むほどに塩の旨味を感じることができる。同店のこだわりである「粉挽き塩」が効いているのかもしれない。牛タンには切り込みが入っており、厚みの割には噛み切りやすいのも嬉しい。子連れでも安心。

牛タンはカルビなどと違って白米が進む肉という印象を持っていなかったのだが、このの牛タンは違う。とろろや牛タンシチューのアシストもあり、白米大盛をおかわりしてしまった。本物は違う。

おススメ度:7.5点/10点満点

大阪の「たこ焼き」、福岡の「とんこつラーメン」……ご当地名物グルメは数あれど、仙台の「牛タン」ほど人気店が乱立する地域は名物は他にないのではないか。全国的に有名な「利休」「喜助」をはじめ、店舗間の切磋琢磨が牛タンを仙台の文化に昇華させたのだろう。どこも美味いが、日曜深夜営業しているという点で「たんや善治郎」は重宝できる。接客のクオリティも含めてコスパは悪くない。

ごちそうさまでした。

Digiprove sealCopyright protected by Digiprove

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

駄文系サポーターブログ管理人。“サポーター目線”がコンセプト。Jリーグやガンバ大阪に関する雑記、ラーメンを中心とした全国のグルメ紹介記事などを執筆。10年間の衛星放送会社勤務を経て、サッカーメディア編集者に転身。筑波大学大学院でスポーツ社会学を研究(修士号取得)。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。ツイッターID:@7additionaltime