「赤羽京介」(埼玉スタジアム)

埼玉方面での試合後飲み会や、乗り換え駅として利用頻度の高い赤羽駅。最近は清野とおる氏の漫画や ドラマ「山田孝之の東京都北区赤羽」で知名度を上げているエリアのラーメン屋を紹介。

お店紹介

赤羽京介

店名:赤羽京介

住所:東京都北区赤羽西1-7-1

営業時間:11:30~15:20、17:30~23:30

HPはこちら

JR赤羽駅から徒歩数分。イトーヨーカドーの横、赤羽台トンネルの交差点という比較的分かりやすい場所に立地している。同テナントは歴代短命となったラーメン屋の跡地であるが、赤羽京介は2019年で開店10年目を迎える。食べログの評価はそこまで高くないが、お昼時には満席になっていることが多く、激戦区赤羽でも人気が定着したことが伺い知れる。店内はカウンター+テーブル席。安めに設定されている値段をはじめ、ボリューム満点の麺量や+50円でつけ汁の増量に応じてくれるなど、コスパは高い。

食べるべき一品:「京介つけ麺」(800円)

京介つけ麺

「つけ麺屋」を自称する赤羽京介の看板メニュー。豚骨をベースに鶏ガラ、昆布、煮干し、玉ねぎなどの材料を長時間煮込んだスープは一口でコクと深みを感じられるもの。満喫するためにスープ増し(50円)は迷わず注文したい。温度が熱々なのも嬉しい。麺はタピオカが練りこまれたことによるモチモチ食感が心地良い。極太麺なのでスープの濃厚さをしっかり伝えてくれる上に、歯ごたえやのど越しも楽しめる。

チャーシューも見逃せない。サイズの大きさと種類の数。長時間煮込んだ豚肉は濃厚スープとの相性のバッチリ。

おススメ度:7点/10点満点

深みのある豚骨スープが癖になり、定期的に訪れたくなる。ラーメンはご飯セットがあり、ボリュームや濃厚な味を考えると男性・若者向けか。お腹を空かした状態でどうぞ。「魚介豚骨」や「辛豚骨醤油」など豚骨をベースとしながらも変化を付けた他メニューもエッジが効いた味。

ごちそうさまでした。

Digiprove sealCopyright protected by Digiprove

ABOUTこの記事をかいた人

駄文系サポーターブログ管理人。“サポーター目線”をコンセプトにJリーグやガンバ大阪に関する雑記、全国のラーメン食レポなどを執筆。10年間の衛星放送会社勤務を経て、サッカーメディア編集者に転職。筑波大学大学院でスポーツ社会学を研究(修士号取得)。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。ツイッターID:@7additionaltime