「焼きあご塩らー麺 たかはし」(味の素スタジアム)

店名の一部にもなっている「あご」はトビウオのことで、九州で浸透していた呼び名に由来している。昆布やカツオなど出汁を取れるものの中でもトビウオは高級品で、最近はさらなる味の追求を求めて「あご出汁」を使用したラーメン店が増加中。今回紹介するのはその中でも代表格。

お店紹介

たかはし 店舗外観

店名:焼きあご塩らー麺 たかはし

住所:東京都新宿区歌舞伎町1-27-3 KKビル1階

営業時間:11:00〜翌5:00

HPはこちら

場所は西武新宿駅からすぐ。歌舞伎町らしい営業時間が嬉しい。食券を買ってから列に並ぶスタイル。店内はカウンターのみなので回転は早め。新潟産コシヒカリを使用したご飯モノも売りなのでラーメンとセット商品が人気。

食べるべき一品:「焼きあご塩ラーメンセット」(1,100円)

焼きあご塩ラーメン

ラーメンで出汁といえは「煮干し」が定番であるが、煮干しと比較するとあご出汁は甘味がある旨味が特徴。「体に悪い」印象が強いラーメンのスープだが、これは対象外としたくなる優しさがある。冬場に食べた際は心地良く体に染み渡った。見た目も上品で大人が食べるラーメン。

「セット」をイチオシとしたのはスープを最大限楽しめるから。その理由は「お茶漬け」。余ったラーメンのスープをご飯にかけて頂く。薬味も揃っているので、最後までスープを満喫できるのが嬉しい。

おススメ度:7点/10点満点

ラーメン&お茶漬けの「二度美味しい」スタイルはポイント高し。つけ麺や醤油ラーメンもメニューにはあるが、基本的には「焼きあご塩らー麺」一択のお店。京王線から遠くなく、他の新宿人気ラーメン店と比べるとまだ待機列がマシな部類に入るのでお腹ペコペコ時におススメ。

ごちそうさまでした。

Digiprove sealCopyright protected by Digiprove

ABOUTこの記事をかいた人

駄文系サポーターブログ管理人。“サポーター目線”をコンセプトにJリーグやガンバ大阪に関する雑記、全国のラーメン食レポなどを執筆。10年間の衛星放送会社勤務を経て、サッカーメディア編集者に転職。筑波大学大学院でスポーツ社会学を研究(修士号取得)。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。ツイッターID:@7additionaltime