「日韓ワールドカップの覚書」(川端康生)




2020年フットサルワールドカップの日本誘致活動がいよいよ佳境を迎える中で過去事例を把握したいと思い読んだ一冊。テーマはもうリアルタイムでの記憶がないサッカーファンも多いであろう2002年日韓ワールドカップ。取材期間はなんと10年間。かなり緻密で長期間の取材をされているので読み応えは抜群。類似のテーマを扱った「長野オリンピック騒動記」しかり、メガイベントの日本誘致をテーマとしたスポーツ本は名作が多い。

書籍概要

書籍名:日韓ワールドカップの覚書

筆者:川端康生

発行:講談社

価格:1,600円(税別)※amazonで100円程度

詳細はコチラ

個人的な想いからオールジャパンのプロジェクトへ

きっかけは日本サッカー協会・村田忠男氏の個人的な想いだったという。日本代表がワールドカップに出場するためにはどうしたらいいのか。その方法論として考えたのが「ワールドカップ開催」だった。かなり突飛な結論だと思うが、一歩目は案外こんなものなのかもしれない。この時期の日本サッカー協会は手弁当感満載で、誰しもが本業と並行して行っていた。のちに日本サッカー協会の会長を務める小倉純二氏もサッカーに関わり始めたのは寮の近所で練習をしていた古河電工サッカー部の見学をしていたら、川淵三郎氏に誘われたことがきっかけという当時ならではのエピソードも掲載されている。

そんな内々での活動の規模がどんどん大きくなっていく過程が本作の読みどころ。ワールドカップ招致と並行して行われたJリーグ立ち上げ、韓国との招致合戦、共催決定後の対FIFAや韓国との渉外、組織巨大化による財界・自治体なども絡んだ政治……想像がつかないほどの複雑に絡み合った思惑。関係者の尋常ではない苦労が伺いしれた。

また、今振り返れば日本サッカー界にとって2002年がターニングポイントになったことが分かるトピックスも多々。特に共催になったことに伴う国内開催地の削減問題。広島県が基準を満たすスタジアムを造れる保障はできない旨を申し出て早々に棄権したのは現在の新スタジアム問題に通じる部分があるし、青森VS宮城、神戸VS京都の開催地争いにおいては敗者が現在においてもスタジアム&サッカー人気において遅れをとっているのは考えさせられるポイント。

表向きは「日韓友好」のきっかけといった趣旨の総括が多い印象がある同大会であるが、当然ながらリアルはそんな甘いものではない。そして、この本を読んで改めてワールドカップ日本単独開催への想いが強くなった。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1日中サッカーのことばかり考えているダメ社会人。ガンバ大阪サポーター。東京在住の30代男性。10年間の衛星放送会社勤務を経て、スポーツを勉強するために大学院に入学。炭水化物抜きダイエットを実施中。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。