「ビンミン」(ミーディーンスタジアム)

海外遠征で日本語の通じる店を訪問してしまう心理は何なのか。異文化コミュケーションとは。異国で日本語が通じる店は大体値段が高いことが多い。ベトナムは物価の安さも魅力だというのに……。ちなみに、今回の旅ではご飯だけでなく、お土産も日本語が通じる店で買った。私は日本が大好きなのだ。

愛国心と -スズキカップ観戦記 ベトナム編-

お店紹介

ビンミン 外観

店名:ビンミン

住所:5 Ly Van Phuc | Ba Dinh Dist, Hanoi 10000, Vietnam(ハンダイ・スタジアムの近く)

営業時間:16:00〜翌1:00

HPはこちら

安心感には変えられないということか。日本語の看板、日本語での勧誘、店外から見える日本人客の姿。メニューに値段は書いていなかったが、高円寺にも出店しているという情報が注文の安心感を与えてくれる。炭火焼きの煙に食欲をそそられて、満腹になるまで食べたが、お会計は2000円程度(※お酒含まず)だった。場所は「スタジアムの裏」と伝えれば、タクシーは迷わず連れて行ってくれる。観光地「文廟」から徒歩圏内。

食べるべき一品:「もも肉」

もも肉

この料理に代表されるようにサイズがどれも大きい。焼鳥屋と聞いていたが、バーベキューに近い。注文数には注意が必要。味付けは日本人向けを意識しているのか、意外性はゼロ。日本の庶民の味。

ベトナムスタイルを感じたのは、「コカコーラ」を注文すると「ペプシ」が提供されること。あと、焼き鳥の付け合わせとして「フランスパン(蜂蜜が染み込んでいる)」を食べること。お通し的に「きゅうりの漬物」が必ず付いてくるが、ベトナムの方はなかなか面白い組み合わせで鳥料理を食べるようだ。

おススメ度:5/10点満点

普通の焼き鳥。可もなく不可もなく。これといった特徴がないので、不味くはないが、特段おススメする理由もない。日本語メニューと、店員の愛想が良いので居心地は良い。ベトナムでは飲食店、タクシー、ホテルなど、すべての場所でコミュニケーションのストレスがなかった。優しい国だった。

ごちそうさまでした。

Digiprove sealCopyright protected by Digiprove

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

駄文系サポーターブログ管理人。“サポーター目線”がコンセプト。Jリーグやガンバ大阪に関する雑記、ラーメンを中心とした全国のグルメ紹介記事などを執筆。10年間の衛星放送会社勤務を経て、サッカーメディア編集者に転身。筑波大学大学院でスポーツ社会学を研究(修士号取得)。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。ツイッターID:@7additionaltime