「自家製麺ほうきぼし」(味の素フィールド西が丘)




“美人すぎるラーメン店主”で一時メディアでの露出が増えたことで知名度を上げた店。味も素晴らしく、2011年に志茂の住宅街でこっそりスタートした店は現在、関東圏に4店舗を構えるほどまでに成長。今回は赤羽本店を紹介する。

お店紹介

自家製麺ほうきぼし 外観

店名:自家製麺ほうきぼし

住所:東京都北区赤羽南1-3-2

営業時間:11:00~15:00、18:00~22:00

HPはこちら

JR赤羽駅から東十条側に徒歩2分程度。店内はカウンター+テーブル席で、1人でも複数人でも楽しめる。担担麺系メニューが基本も、数量限定の煮干しらーめんも美味しい。「わかめ」「納豆」など珍しいトッピングも。ほとんどのメニューには「特製」が準備されており、+220円で温玉やチャーシューなどが付く。赤羽は「伊藤」「夏海」などジャンルの違う人気ラーメン店がいくつかあることで人も分散。ランチタイムでもさほど入店待ちの行列は長くないのも嬉しい。

食べるべき一品:「汁なし担担麺」(880円)

汁なし担担麺

基本的にこれ一択の店。来店客の9割くらいが食べている看板メニュー。開業時に「オリジナルなものを!」と開発されたのだとか。もっちもち自家製の極太麺に肉味噌、もやし、揚げ麺、ナッツ、青菜がトッピング。見た目の色合いや、混ぜて食べた時の食感が計算がされている。最大の特徴は味のベースとなる自家製辣油。昔より辛さは控えめになり、香りや旨味が強く、万人受けの味になった印象。テーブルには山椒や辛味などの調味料があるので、あとはお好みで味変を。個人的には酢を入れることでマイルドになる味変がおススメ。

そして、最後は余った具材に白米をダイブさせてビビンバ風に楽しむのが私流。オフィシャルで推奨されている訳ではなく、あまり上品でもないけど美味しい。控えめになったとは言え、辛さが特徴の担担麺なので白米はセットで注文したい。

おススメ度:7.5点/10点満点

「汁なし担担麺」を美人店主に作ってもらえるという希少価値×希少価値は十分に訪問すべき理由になる。トッピングの海苔には☆マークの型抜きがされているなど女性店主だからこその遊び心も面白い。日曜・祝日もしている点はサポーター的にポイント高い。埼スタでの試合前後にどうぞ。

ごちそうさまでした。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ガンバ大阪サポーターブロガー。東京在住30代男性。10年間の衛星放送会社勤務を経て、サッカーメディア会社へ。筑波大学大学院スポーツ社会学修士。週末ダイエットフットボーラー。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。